このエントリーをはてなブックマークに追加

ペット可能物件での生活

近年、ペットを飼育する家庭が増えています。
代表的なペットである犬と猫だけでも、全国で3割以上の家庭で飼育されています。
動物をただのペットではなく、家族の一員であるという認識が当たり前になりつつある現在、賃貸でもペットを飼育できる物件が増えてきました。

ペットのいる生活のメリット

ペットがいることで得られるメリットについてあげてみましょう。
小さな子供がいる家庭でペットを飼育することで、情操教育になるといわれています。
ペットに餌を与えたり散歩に連れて行ったりすることで、命の重みや自分の役割に対する責任感が生まれます。
動物と密に接することでアレルギーや雑菌への耐性ができ、体が強くなるとも言われています。
高齢になってからペットを飼った場合にも大きなメリットがあります。
それまで一人で生活してきた高齢者がペットを飼育した場合は、寂しさが軽減されます。
ペットを守り育てるという新たな役割を担うことで、自分の存在価値を再度確認することができるのです。
このように、ペットとの生活にはたくさんのメリットがあることから、ペット可能物件の需要は増えつつあります。

ペットを飼育できる物件を探そう

ペット飼育可能物件は数多く存在します。
マンションやアパートなどに集合住宅の多い地域では、ペットを飼育できることを付加価値にしている物件もあります。
ペット可能物件といっても、条件を一切求められずにペットを飼育できるケースはかなり少なく、ペットを飼育するためには契約する際に条件を提示されることがほとんどです。
賃貸物件では、賃料や敷金を通常よりも多めに徴収する物件が多いようです。
また、どんなペットでも飼育可能というわけではなく、小型犬や猫などが対象という賃貸物件が多いです。

ペットと一緒に生活しよう

ペットと生活する上で、注意する点がいくつかあります。
ペット可能物件であっても、ペットを飼育していない人も住んでいることはもちろん、動物が苦手な人やアレルギーを持った人も住んでいる可能性もあります。
建物内の、自分の部屋以外の公共のスペースではキャリーバッグに入れたり抱きかかえたりするなど、周囲への配慮も必要になります。
匂いや鳴き声によるトラブルも多い為、自分の部屋であっても無駄吠えをやめさせることやトイレのしつけなどは徹底した方がよいでしょう。
また、匂いが染み付かないように消臭剤を使用することも大切です。
このように、ペットとの生活を楽しみつつも周囲の住民への配慮を忘れないことが、ペット可能物件で快適に生活するポイントとなります。>

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

ペット可能物件での生活 ページ上部へ戻る