部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 入居者パターンごとの2dkの特徴

入居者パターンごとの2DKの特徴

賃貸物件には、間取りの種類があります。
入居人数によっても必要な広さが変わってきます。
家具などの多い方の一人暮らしやカップル・新婚夫婦の二人暮らしの場合は、2DKの広さが向いています。
2DKは、ダイニングとキッチンの他に居室が2部屋ある間取りです。

■一人暮らしの2dk
住む人が1人なのに2部屋は広く感じる方が多いです。人によっては、1DKや1LDKより部屋数を求める方もいます。
メリットとしては、居室が1部屋に比べごちゃごちゃになりにくく、目的別に使用できて部屋を広く使える点です。
また、部屋数が多い分採光や通気性が期待できます。
デメリットは、1部屋に比べ家賃が高くなりますし、部屋数の分だけ掃除をする手間はかかります。1LDKは比較的新しい建物が多いので家賃も高くなりがちですが使い方の工夫で2DKも1LDKのような使い方も出来ます。

■二人暮らしの2DK
二人暮らしというと関連性によりますが、一般的には夫婦やカップル、友人、家族に絞られます。
家族同士でも距離感が大切ですから、快適な暮らしをするために、仲が良いといえどもお互いのプライバシーを守ることは必須です。
メリットとして、個々の部屋に分ける場合は、一人になれる時間や趣味に集中できる場所があり、リラックスできるという点です。
注意点は、金銭面や家事などの分担をしっかりと相談し、ルールも決めておくことが大事です。
また、夫婦の二人暮らしはお子様が生まれた場合、子供の数によっては間取り見直しをする必要があります。子供の成長を考えた住まいを考えなければいけません。

■1LDKと2DK
1LDKは、居室が1部屋とリビング・ダイニング・キッチンを組み合わせた間取りです。
人気があるのは1LDKですが、リビングがキッチンと仕切りが無く同じ空間にありますから、キッチンからの音がストレスになる場合もありえます。
その仕切りが無い分広々とした感覚ですし、使い勝手の良さの感じ方も人それぞれです。
入居人数などのパターンは2DKの方が広がります。それは居室としての部屋が多い分割り当てられるからです。
ですが、新しい物件では2DKが少ないのが現状です。賃貸需要においてLDK思考が増えています。

間取りは、入居人数や家族構成、そして生活スタイルによって合う合わないありますから、まずは事前に暮らしのイメージを固めておくことが大切です。
部屋数より入居者の数が多くなる場合もあると思いますが、部屋の有効活用としてインテリア面の工夫をすることも可能です。
そして、間取りも大切ですが物件設備や地域環境などをしっかり確認することで、より豊かな暮らしに近づけます。

【関連リンク】

入居者パターンごとの2DKの特徴 ページ上部へ戻る