部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 男女別1人暮らしのインテリア

男女別1人暮らしのインテリア

進学や就職、そして転勤などの理由で1人暮らしをする方も多いです。
1人暮らしは寂しさや恐怖心を抱きつつも、自由になれる快感を味わえます。
そして、大概の人は部屋のインテリアにこだわります。
インテリアとは、室内においての装飾品のことをいいます。じゅうたんや家具、それから照明家具などのことを指します。
インテリアといってもさまざまのことが含まれていますので、自分の趣向に合ったデザインや色などのポイントを抑えて取り入れることが大切です。

■男性向き1人暮らしのインテリア
男性の1人暮らしのお部屋は、自分の趣味を存分に出す傾向にあります。
テイストに分けると、モダンやモノトーン、そしてシンプルでナチュラルなど統一感を求める方が多いです。
モダンにもいろいろあり、レトロモダンやアジアンモダンなどテイストが異なってきますが、雰囲気が出てかっこよさが増します。
モノトーンやシンプルは、色使いを抑えるので、清潔感やすっきり感が増します。
ナチュラルは、やさしい雰囲気になりやすいので、温かい印象を受けます。
また色の量バランスはとても大切です。男性は黒でまとめる方が多いですが、黒の多用は部屋を狭くする作用があるので注意が必要です。
インテリアの色彩や素材にもこだわれば、かっこよくスタイリッシュなお部屋作りが可能です。

■女性向き1人暮らしのインテリア
女性はおしゃれに敏感で、インテリアも細部にまでこわりやすいです。雑貨屋さんのようなディスプレイにこだわる人もいます。
テイストとしては、人気なのはナチュラルやカフェブラウンやレトロアンティーク調、そして白やアイボリーを基調とした北欧風や好みの柄物を取り入れる人が多いです。
かわいくしたいかシンプルにしたいかなどでがらっと雰囲気が変わりますが、一番は自分の過ごしやすいお部屋の雰囲気で、ストレスがかからないようにすることが大事です。
また、女性はベッドの飾りの部分や収納ボックス、照明そしてカーテンなど一つ一つの存在感を大切にします。
取り入れたい物や色をそのまま盛り込むと、統一感が無くなる可能性があります。
まずは、小さめな家具や雑貨などを少しずつ取り入れ、色を数色に絞ると素敵なお部屋に近づけます。

■限られた間取りの有効活用
1人暮らしの方は、大概部屋数が1つの場合が多いです。
その限られた間取りの中で、快適に過ごせる空間にするために、インテリアを活用することで暮らしのサポートにもなります。
例えば、仕切りを作りたければ、スタッキングシェルフを利用すると実用性や機能性が高まります。
また、同じ空間でも、ラグの種類を変えておくことで、小スペースですが空間の違いを演出してくれます。
そして、家具などのインテリアだけではなく、観葉植物を取り入れるとより自然で、暖かい雰囲気になります。

さまざまあるインテリアをどう活用するかやどのようなテイストを選ぶかで、お部屋の雰囲気の幅が広がります。インテリアを変えるだけで自身の気分を変えることができるということです。
インテリアを選ぶ際には、デザインだけでなくお部屋の広さやインテリアのサイズにも配慮が必要です。
そして、1人暮らしの生活がより豊かでやすらげる空間にするために、インテリアを上手に取り入れれば幸せな日々を過ごせます。

【関連リンク】

男女別1人暮らしのインテリア ページ上部へ戻る