部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 一人暮らしをするなら、ベッドと布団どちらがいいの?

一人暮らしをするなら、ベッドと布団どちらがいいの?

一人暮らしをしようと思ったときに、寝具をベッドにするか布団にするかで悩まれる方は多いです。
一人暮らしの方に選ばれがちな、1Rや1Kほどのあまり広くない部屋での寝具選びは大切です。なぜならば、居心地と密接に関わってくるからです。
ベッドと布団、それぞれのメリットデメリットを知り自分のライフスタイルに合ったものを選ぶと良いでしょう。

■ベッドのメリット
一人暮らしの方が部屋にベッドを置く場合のメリットは、第一にベッド下を収納スペースとして利用できることです。
ベッドと収納ケースを別々に購入することもできますが、通信販売や家具店では収納付きのベッドも数多く売られています。
収納のタイプは引き出し式が一般的で、他にはマットレス部分が昇降するリフトアップ式もあります。ベッド下にホコリがたまりやすいことに着目し、収納部分のホコリ対策を謳った商品もあります。
第二のメリットは、帰宅してすぐに横になれることです。布団であれば敷く手間が必要となりますが、ベッドの場合は即座に寝られます。
またベッドの色やデザインは豊富にあります。寝具としてだけではなく、インテリアの一部として自分好みのベッドを選ぶ楽しさも味わえます。

■ベッドのデメリット
ベッドのデメリットとしては、引越しの際に運び出すのが大変という点です。処分する場合でも費用がかかることもあります。
またベッド下を収納スペースとして利用する場合や、収納付きベッドの場合は湿気に注意しなければなりません。季節を問わず、人間は寝ている間にコップ1杯分の汗をかくと言われています。
湿気は下に溜まるので、こまめに収納部分の換気をするなどの対策が必要です。そして、湿気に弱い物や大切な物は入れないようにします。
当然ながらベッドを置くスペースも必要なため、部屋を広く使いたい方には不向きかもしれません。

■布団のメリット
次に、布団を使用するメリットです。布団であれば、使用しないときは押入れなどに収納してしまえばスペースを取りません。
専用の寝室が確保できない1Rや1Kの部屋であれば、置き場所が不要なメリットは大きいと言えます。
また、布団は天日干しすることが出来ます。晴れた日に干したふかふかの布団で寝るのは、気持ちが良いものです。

■布団のデメリット
布団のデメリットとしては、使用の度に出し入れする必要があることです。敷きっぱなしは衛生的に問題があるため、上げ下ろしは不可欠です。それに伴って、ある程度ゆとりのある収納場所が必要となります。
また布団を出し入れする作業は重労働なため、高齢者や足腰に不安のある方は要注意です。
なおかつ床に近いとホコリやハウスダストの影響を受けやすくなるため、アレルゲンに過敏な方はベッドを選んだ方が良いと言えます。

若い世代の一人暮らしはベッドを好む傾向ですが、単身赴任などでのお父さん世代の一人暮らしは畳に布団というスタイルを好むなどいろいろです。
住んでいる部屋のレイアウトなども考えてどちらが便利か考えることがベストです。

【関連リンク】

一人暮らしをするなら、ベッドと布団どちらがいいの? ページ上部へ戻る