部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 田舎暮らしの環境と物件

田舎暮らしの環境と物件

田舎暮らしとは都会から離れた地方で、田んぼや畑が多く緑の多いのどかな暮らしができる場所です。
シニア世代の方は、定年後ゆったりとした生活を求めての移住が主流でした。
田舎暮らしの移住候補を決めるにはどのような生活をするかイメージすることです。
例えば山が好きな方でしたら山菜採り、川で釣りを楽しみたいという方もいます。
また、四季折々の山々の紅葉を散策したいと思うかたもいます。
このように具体的にしていくことによって、住んでみたい地方がしぼられて行きます。

■環境
ここ数年子育て世代20代〜40代の田舎暮らしの、地方移住が増えつつあります。
なかでも過疎化が進んでいる地域では、自治体で居住用の物件の提供する事で住民を増やし町の活性化にもつなげています
田舎暮らしの良さは「自然」で物も豊かさより心の癒やしをもとめているようです。
無農薬野菜をたべて野菜の味に感動した水のおいしさや空気がとてもきれいです。子育てものびのびできます。
都会では見えなかった夜の満点の星空です。

■施設
全国の自治体では、田舎暮らしのセミナーをひらき地域によりますとハローワークと一体化して就職の相談もしているようです。
生活をしていくには仕事も重要です。
全国の自治体には田舎体験施設を利用できるところもあります。
田舎体験では農業作業を手伝い、野菜を収穫して食事を作ります。
地元の郷土食を作ったり文化も知ることもできます。
ものづくり体験できるところもあるようです。
お試し機関として最短1カ月〜最長3カ月利用できるようです。
地域の施設にもよりますが家具屋電化製品、寝具が揃っているところもあります。
但し地域によっては施設の利用料金、参加条件、田舎くらし体験は異なります。

■賃貸
田舎暮らしで継続的に暮らせるか不安がある方のために賃貸物件もあります。
都会に比べて地方の家賃の相場はわりと安いようです。
憧れの広い部屋を借りるのも夢ではないのです。
田舎の物件はわりと幅広く種類もあります。

地域にもよりますが、海が眺めながら生活できる一軒家があります。
田舎暮らしだからこそ住める古民家もあります。
家族で食べる分だけ家庭菜園ができる貸農園もあります。
今はネットで不動産情報を知ることができますが、田舎の場合はネットに載せてない物件もあるようです。
地元の不動産しか知らない物件もあるので直接、希望の条件の物件を探してもらう方法もあります。
ライフスタイルに合わせて自由に選べるのも賃貸のメリットです。
田舎暮らしで古民家を利用してカフェやお蕎麦屋さんお店を開くのも最適です。

【関連リンク】

田舎暮らしの環境と物件 ページ上部へ戻る