部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 自分風コーディネイトで一人暮らしにアクセント

自分風コーディネイトで一人暮らしにアクセント

一人暮らしを始めるとき、この部屋に合う色は、どういうインテリアを置こうか、などとイメージすることが好きな方も多いと思います。
自分の理想の部屋で暮らしていくということは、それだけで楽しくなると思います。
理想を作り上げていくにはどうしたらいいのでしょうか。

■どんな部屋に住みたいか
まず、自分が住んでいく部屋の広さを見てみましょう。
一人暮らしですから、そこまで広い部屋に住む方は多くないと思います。
あまり広くはない部屋に、大きなテーブルやソファ、ドレッサーなどを置いてもバランスが悪いです。
さらに、大きい家具を置いてしまうことによって、部屋がさらに狭くなったように感じてしまうこともあるので注意が必要です。
しかし小さい家具ばかり置いてしまっても隙間が空いてしまい、不恰好に見えてしまうこともあるので、ちょうどいい大きさを見つけるといいでしょう。
狭い部屋のなかをどのようにコーディネートしていくか、がとても重要なポイントになります。
そして次に考えるのは、どんなインテリアを置いていくかということになると思います。
ピンクでまとめたファンシーな部屋や、モノクロで統一したスタイリッシュな部屋など、素敵な部屋はたくさんあります。
誰にでも理想のコーディネートがあると思いますが、それが絶対に理想どおりになるとは限りません。
たとえ可愛い、おしゃれな家具を買っても、部屋に合わなければ良いコーディネートとはいえません。
例えば和室にシャンデリアやドレッサーなどを置いても、ちぐはぐな感じがどうしても出てしまいます。
逆に洋室なのにちゃぶ台を置いたり、生け花を生けたりしても違和感があります。
まずは自分が住む部屋の内装から、あまり外れすぎないジャンルを探していくとうまくいくかもしれません。
例えば、真っ白な壁の部屋に住んでいたら、すべての家具を木材でできたものにするとナチュラルな感じが出ます。
和室だとどうしてもコーディネートしにくい、と思うかもしれませんが、藤でできたライトなどを置いてモダンな雰囲気にするのも手です。
自分で考えて、少しずつ部屋を作っていくのもひとつの楽しさかもしれません。

■自分の手で変える
しかし、コーディネートの理想はあるけれど、家具を買ったりするのは金銭的に厳しい、という方もたくさんいると思います。
そういったときには、自分で家具などをリメイクしてしまうのもいいかもしれません。
最近ではDIYという言葉がよく聞かれるようになったとおり、自分で家具などを作っている人が増えてきています。
実際、ホームセンターなどでも専用のコーナーができていたり、通販で材料を買えたりなど、以前よりは身近になってきています。
古くなって、コーディネートにも少しあわないかも、といった家具などをペンキなどで塗り替えるだけで雰囲気ががらっと変わります。
また、棚の背面などに布や壁紙を貼るだけでもアクセントになりますし、扉などに貼っても一気に部屋が明るくなると思います。
そこまで凝ったことはできないといった場合でも、部屋の照明を変えたり、カーテンを変えたりするだけでも変わってくると思います。
花を飾ったり、観葉植物を置くだけでも、今までと違った空間で生活している気分にもなれるかもしれません。
大きい変化は無理でも、少しずつ小物を変えていったりするだけでも変化が感じられると思います。

実家で暮らしているよりは、一人暮らしのほうが部屋のコーディネートがしやすいと思います。
こういう部屋に住みたい、あんな家具に囲まれたい、理想はたくさんあると思います。
自分ができる範囲で、楽しく部屋をコーディネートしていくことも、生活の中の楽しみなるかもしれません。

【関連リンク】

自分風コーディネイトで一人暮らしにアクセント ページ上部へ戻る