部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. リノベーション住宅の魅力と探す際の注意点とは

リノベーション住宅の魅力と探す際の注意点とは

最近、リノベーション住宅という言葉をよく目にするようになりました。
家を探す際に、新築や中古ではなくリノベーション住宅という選択をする人も増えているようです。
では、なぜリノベーション住宅が注目を集めているのでしょうか。

■リノベーション住宅とは
リノベーション住宅とは、古くなった物件や既存の建物を、自分の好きなように再構築、改修した住宅のことです。
もとの構造をうまく活用して、自分のライフスタイルに合わせて作り変えることができます。
建物が古い場合、状況によっては基礎の部分から修繕する必要があり、大規模な工事になることもあるようです。
リノベーションを行うことで、間取りはもちろん場合によっては作りも変わってくるので、まったく別物の物件のように変わります。

■リノベーションとリフォームの違い
リフォームとは、古くなった物件を建築当初の状態まで近付けることで、壁の張替えや塗り替えなど規模の小さい工事のことを言います。
それに対してリノベーションは、間取りの変更や水周りの工事、外壁の交換、さらには基礎の補強工事なども行い、規模の大きな作業です。

■リノベーションのメリット
リノベーションのメリットとしてよく言われているのが、新築物件と比較したときの安さです。
中古物件を安く購入して、その後自分の好きなようにリノベーションを行うことで、自分の住みやすい家に帰ることができます。
その上新築で物件を購入するよりも安い経費で済む場合が多いようです。
都心の人気の地域に住みたいという人はたくさんいることでしょう。
その際に新築購入となるとなかなかてが届きそうになくても、リノベーションであれば可能になります。

■リノベーション物件を探してみよう
リノベーショ物件を探す際に注目する点がいくつかあります。
まず、築年数が長く経過している物件のリノベーションの際は注意する必要があります。
古い物件だと、いざ工事を始めたときに構造部分の腐食やシロアリ被害が発覚し、大規模な補修が必要となってしまうケースがあります。
大規模な補修が必要となると、その分費用も掛かります。
また、1981年6月1日以降に建築確認を受けていない物件の場合、耐震補強がなされていない可能性があります。
そのような物件の場合は耐震補強も行わなければならない為、費用を用意しなくてはなりません。
一見きれいな外観であっても、水周りなどはシロアリやカビの被害を受けやすいため、以前にどのような補修が行われているのか、確認する必要があります。
このように、計画当初よりも費用が掛かりすぎてしまうケースがあるため、基盤となる中古物件探しはより細かい部分まで確認しておく必要があります。

【関連リンク】

リノベーション住宅の魅力と探す際の注意点とは ページ上部へ戻る