部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 一人暮らしに向いた部屋作り

一人暮らしに向いた部屋作り

理想的な一人暮らしの実現を手に入れるために必要なことといえば何があるでしょう。
ハイセンスで個性的なデザイナーズマンションを借りられれば簡単です。
しかしデザイナーズマンションは家賃が高めに設定されているところが多く、誰でも気軽に住むことができる物件かといえばそうではありません。
一人暮らしでは、自分の収入に見合った無理のない範囲で理想の生活を送りたいという人がほとんどだと考えられます。
そのために必要なのが理想のお部屋作りです。
失敗しないお部屋作りのポイントをいくつか紹介します。

■理想を現実にする
頭の中で理想を描くことは誰でもできますが、それだけでお部屋作りをすすめると失敗してしまいます。
まずは具体的に目に見えるようにすることが大切で、その方法はさまざまです。
文章におこしてみたり、絵で表現してみたりするとわかりやすいです。
それからインターネットや雑誌から参考にしたい、真似をしてみたいもの探してみるのもよいといえます。
これらの方法で、理想を具体化することで部屋作りのコンセプトを決めることができるのです。
しかし理想をすべて叶えるのは難しく、お部屋作りをしていくうちに我慢しなければいけないことも出てきます。
絶対譲れないこと、そして妥協できることを決めておくのも大切なことです。

■お部屋選び
お部屋作りには、理想に合った部屋作りができるお部屋選びが肝心です。
注視したいのは間取りだけではありません。
壁紙や間仕切り、そして備え付けの照明なども内見の際にきちんと見ておくことが大切です。
“理想はシックでモダンなイメージなのに、壁紙がメルヘンチックな花柄だった”
“安い家賃でも、家具やインテリアで工夫をして都会的な部屋作りをしたかったのに、和風の襖で仕切られていた”
なんてことがあってはせっかくたてたコンセプトが台無しです。
予算の範囲内で100%理想の物件を見つけることは難しいでしょうが、理想に近い物件を探すことが必要です。

■部屋に置くものを選ぶ
家具やインテリア、そして生活雑貨や小物などを購入する場合に気をつけたいことがいくつかあります。
“ソファーもベッドもテーブルも必要だし、備え付けのクローゼットだけでは足りないから収納できるチェストが欲しい”
“テレビは大画面のものが理想だ”“スツールや間接照明を置いておしゃれを演出したい”
欲しいからとか便利だからと欲求や希望だけで家具を揃えて部屋に置いてみたら、物だらけで生活スペースがなくなったなんて事になってしまってはどうでしょう。
快適な暮らしの為の部屋作りが逆の効果を生んでしまいます。
それを防ぐ為のポイントは、購入する前に家具の配置を決定し、置けるサイズをしっかり測ることです。
“思うがままに好きなものを買い集めていたら、じゅうたんやカーテン、クッションや寝具の配色やデザインがバラバラだった”
なんてことがあってはおしゃれな部屋作りに程遠くなってしまいます。
購入したいもの、そしてそのデザインや色を決めておくことも重要です。
そしてどうしても必要なものとそれほど必要ないものを絞り込んで購入することが大切です。

ここでは理想のコンセプトを決めてお部屋選びをするという順序で紹介しましたが、お部屋を決めてからその部屋にあったお部屋作りをするという方法もあります。
予算を重視したい、お部屋だけじゃなく立地にもこだわりたいというなら、後者の方法で選んでみるのが良いといえます。

モダンな雰囲気やカフェ風、そして明るくかわいい雰囲気や和風テイストなど、部屋作りにおける理想のコンセプトは人それぞれです。
一人暮らしだからこそ、自分の理想をとことん追求したお部屋作りができれば、快適で豊かな生活を手に入れることができるのです。

【関連リンク】

一人暮らしに向いた部屋作り ページ上部へ戻る