部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 賃貸物件でのペット飼育には配慮が大切

賃貸物件でのペット飼育には配慮が大切

最近では、賃貸物件でもペット可の物件が増えてきています。
もともとペットを飼っていて引越しをする方、新しくペットを飼い始めようとしている方は、まずペット可の賃貸物件を探さなくてはいけません。

■ペット飼育不可の物件
ペット可の物件も増えてきてはいますが、もちろんペット不可の物件もたくさんあります。
そこで疑問に思うのは、ペットとはどこまでを指しているのか、です。
金魚やカメ、ハムスターなど、鳴き声もなく、臭いもあまりしない動物は飼っていても見つかることはないのではないか、と思ってしまいます。
まずペット不可、といった場合はすべての動物が含まれていることが多いので、どんな動物でも不可、ということになっています。
しかし、大家さんやオーナーさんに相談してみると、金魚やカメなどの動物は飼うことを認めてくれることも少なくないようです。
また、ゲージ内や水槽内のみで飼育することのできるペットは飼っても大丈夫、という賃貸物件もあるといわれています。
今ペット不可の賃貸物件に住んでいて、もし金魚などを飼いたい、となったときには相談してみるのもいいかもしれません。

ペット飼育可の物件
最近、ペット可の物件の情報を見ることが多くなってきていると思います。
以前ではほとんど見かけず、ペット飼育可、と条件のある賃貸物件のほうが珍しかったと思います。、
しかし最近ではペットを飼う人が非常に増えてきており、ペット飼育可という条件にする物件も増えてきていると言われています。

ペット飼育可の賃貸物件を見つけ、契約できたからと言って勝手にペットを飼っていいわけではありません。
事前に大家さんや不動産会社などに申請を出す必要があります。
飼っている、または飼おうとしているペットの数や種類、予防接種をしているかなどを伝え、飼育可能か確認してもらう必要があります。
そして飼育可能、となってから飼えることになりますので、しっかりと確認することが必要になります。
さらに、ペット飼育可の物件では、敷金が積み増しになる場合がとても多いといわれています。
ペットを飼うことによって、壁などが傷ついたり汚れてしまったり、また臭いなどがつくことが予想されるため、積み増しになるといわれています。
他にもペットを飼うときの特約がある場合もあります。
例えば、退去時にクロスやカーペット、畳などの張り替え、室内の消毒などを借主が行わなくてはいけない場合もあります。
また、近隣の住人から苦情などがきたときに、借主が自ら対応しなくてはいけないなど、特約は様々です。
契約をする際には、しっかりと契約内容を理解して、その条件で本当に飼えるか、を考える必要があります。

■配慮を忘れずに
そしてなによりも気をつけなければいけないことは、周囲の人たちへの気遣いです。

鳴き声や臭い、散歩の連れていった帰りのエントランスなどでのペットの扱いなど、気にしなければいけないことは山ほどあります。
自分たちにとっては、気にするほどでもない鳴き声や足音、臭いなども、飼っていないひとからしてみれば嫌なものかもしれません。
自分たちのペットはかわいいから、大人しいから、といって対策をなにもしないということはよくありません。
もし近隣の方から苦情やお願いがきた場合は、しっかりと受け入れ、対応することが大切といえます。

しっかりと対策をし、契約内容を守ることで、気まずい思いをすることなくペットと楽しく暮らすことができます。
これからペットを飼いたい、飼っているペットと引越しをしたいと思った際には、しっかりと調べてから行動することが大切です。

【関連リンク】

賃貸物件でのペット飼育には配慮が大切 ページ上部へ戻る