部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 賃貸物件を検索する際の注意点やメリットなど

賃貸物件を検索する際の注意点やメリットなど

賃貸物件を探すとき、どんな方法で探していますか。
不動産会社で紹介してもらう、インターネットで検索する、アパートなどに空有と貼ってあったから電話をする、などたくさんあると思います。
特に最近では、インターネットが普及したこともあり、ネットで検索をする方が多いのではないでしょうか。

■注意点
まずインターネットで探す際に注意するべきなのは、その情報が最新ではない可能性があることです。
もちろん最新の情報に更新している会社がほとんどだとは思いますが、中にはそうではない会社があることも考えられます。
インターネットの更新が間に合わず、入居が決まった部屋が空室として出てしまっていることもないとは限りません。
また、リフォームや設備を新しくしたのに、更新されておらず古いままで公開されていることも考えられます。
これらはわざと、ではないため悪質ではありませんが、悪質なものも中には存在しています。
例えばインターネットには安い賃料を掲載しているのに、いざ契約してみたら賃料が高かったなどの事例もあります。
他にも、わざと入居済みの部屋を空室として公開していて、問い合わせした人に他の賃貸物件を紹介したりなどということもあります。
これらのことはインターネットだけの情報では判別しにくいので特に注意が必要です。

■メリット
インターネットでの賃貸物件の検索にはメリットもたくさんあります。
まずは自宅で検索できる、ということです。
引越しを考えているけれども不動産会社に行く時間がない、深夜しか空いている時間がないなど、都合がつかない方も多いと思います。
そういった方はインターネットで検索することによって、好きな時間、空いている時間に検索することが可能です。
最近では不動産会社にメールで問い合わせできることも多いので、こういったものも積極的に利用していくといいかもしれません。

賃貸情報などのフリーペーパーですと、発行されるまで、手元に届くまでに日数がかかります。
しかしインターネットですと、今見たいと思ったら今見ることできることが大きなメリットであるといえます。
そしてフリーペーパーや雑誌ですと、ページ数などに限界があり、決まった数の情報しか見ることができません。
インターネットでは、その会社が公開しているほぼ全ての物件情報を見ることが可能になるので、お部屋探しの選択肢も広がります。
インターネットで検索する場合、自分が住みたい部屋の情報、例えば設備などをチェックして検索することも可能です。
温水洗浄便座がある物件がいい、バストイレ別がいい、2階以上の階に住みたい、など色々と譲れない部分があると思います。
それを実際不動産屋さんに言うのをためらってしまう方も少なくないと思います。
しかし、インターネットではその条件全てを自分でチェックして検索することも可能です。
もちろん家賃の上限などを設定できたりもするので、少し言いにくい賃料などの面でも自分の意見を反映させることができます。

さらに、どれだけ遠くの場所に転勤する、引越しすることになっても、自宅から検索することが可能です。
不動産会社に行く場合は、実際その土地に向かわなければなりませんが、インターネットはそうではありません。
いつでも好きな場所で、遠くの地の賃貸情報を見ることができます。

インターネットで検索することはメリットもたくさんありますが、注意しなければいけない点もたくさんあります。
自分で情報を見極めて、好みの物件を探していくことが必要になります。
インターネットの情報だけでは不安になった場合、不動産会社にも出向いてみるなど、色々な角度から物件をさがすことも大切です。
自分の生活に合った方法で賃貸物件を検索しましょう。

【関連リンク】

賃貸物件を検索する際の注意点やメリットなど ページ上部へ戻る