部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. アパート探しで必要な費用や世帯別の間取り

アパート探しで必要な費用や世帯別の間取り

お部屋探しをするとき、まず家賃と間取りを思い浮かべるのではないでしょうか。
しかし家賃と間取りだけでアパート探しはできないでしょう、毎月支払う家賃も大切な条件になります。
高い買い物をするのといっしょですから、後悔することがないようにしっかり部屋探しをする必要があります。

■アパート探しの費用
アパートやマンションを借りる際には家賃の他にも様々な費用がかかります。
初期費用と呼ばれるものには、敷金や礼金、それから仲介手数料などがあります。
敷金とは部屋を退去するときに使われるお金のことで、地域によって様々ですが関東圏の場合家賃の1~2ヶ月分が多いようです。
次に礼金です。礼金とは家主に払う謝礼金です。こちらも地域によって様々ですが関東圏は家賃の1~2か月分が多く、敷金と違い退去時に返金されません。礼金なしの物件も増えてきています。
仲介手数料とは不動産会社に払うお金です。またこの他に保証料があります。保証料とは連帯保証人代行会社へ支払う料金で、家賃が払えなくなってしまったときに連帯保証人代行会社が変わって大家さんへ家賃を支払ってくれる会社です。
火災保険料や更新料も2年毎に必要になってきます。
敷金や礼金、それから仲介手数料がかからなかったり、安い物件も中にはあります。なぜそうなのか確認する必要があります。
毎月払う家賃はどれくらいが相場なのでしょう。毎月支払うものですから、無理がない金額にしなければなりません。
一般的に家賃の目安は、収入の1/3程度と言われていますが必ずしもその範囲ないでという事ではないので、都度不動産会社に確認してみるのも良いでしょう。
あまり家賃ばかり気にしていたのでは、いい条件の物件を逃してしまうかもしれません。
自分で絶対に譲れない条件を決めて、それに対して家賃は高いのか安いのか判断してみるのも良いかもしれません。

■条件を決める
いよいよ自分の生活スタイルに合わせて物件を探すことになります。不動産屋さんに行く前に、自分が必要だと思うものの優先順位をつけて、希望の物件をインターネットを使って探してみると良いでしょう。
家賃や設備、それから間取りなどを決めていきます。通勤通学に電車を使う人であれば、駅から物件までの距離と所要時間を確認しましょう。
希望に近い物件が見つかったらまずその物件で問い合わせしてみましょう。そして他にも不動産屋さんに希望に合いそうな物件を探してもらいましょう。
だいたいの希望の物件が揃ったら必ず実際にお部屋に行って見学をしてみましょう。
見学するときチェックしたほうが良い点は、間取りや収納、それから設備と様々あります。
日当たりや騒音、近隣の施設なども確認したほうが良いでしょう。

■一人暮らしの物件
一人暮らしの部屋の間取りはワンルームや1K、それから1DKが一般的です。収納スペースの広さも考えましょう。
一人暮らしに限らず部屋の日当たりを考えましょう。南向きの窓がないと昼間でも部屋が暗くなりますし、洗濯物も乾きません。逆に西向きは避けたほうがよいでしょう。
騒音や日当たり、防犯の面からも上の階をおすすめします。
自炊するしないに限らず、スーパーは近くにあったほうが便利です。帰宅が遅い人であれば、夜遅くまで開いているお店があると便利で夜道も安心です。

光熱費の面ではプロパンガスより都市ガスのほうが経済的です。また自炊したい人は2口コンロがあったほうがお料理しやすいでしょう。
女性が一人暮らしする場合は、特にセキュリティがしっかりしている物件を選ぶ必要があります。

■二人暮らし
二人暮らし向けの間取りはお部屋の面積でいうと大体30m²以上の広さから二人暮らしOKですとなるお部屋が多くなってきます。一つの目安として探してみましょう。
20m²位の1Kなどでも二人暮らし相談となる物件もありますが、荷物などは二人分になるのでお互い持ってくる物など相談して入るかどうか確認するのも大切です。
二人暮らしではバスとトイレは別にしたほうが無難です。バスとトイレが一緒だと、どちらかがお風呂に入っている間はトイレに行けずストレスに感じがちです。

■子育て世代
子供がいるファミリー世帯のアパート探しでは、子供がのびのび生活できる環境を考える必要があります。
子供の年齢にもよりますが、知らず知らずの内に荷物が多くなるので、ちょっと余裕のある広さを検討してみると良いでしょう。
子供がいる家庭では階下への騒音が気になるところです。1階を選ぶことでどんなにうるさくしても迷惑がかかりませんし、落下事故の心配もありません。
また子供が多く暮らしている物件のほうが、自然と遊ぶお友達が増えたりするので子育て世代の悩みなども共有できるので良いかもしれません。
学校やスーパーが近くにあれば便利ですし、公園があれば子供にとって嬉しい環境です。
子育て世代では、子供部屋や収納スペースの確保が必要になります。また対面式のキッチンであれば料理をしながら子供の様子を見ることができます。
キッチンスペースが広いと、子供と一緒に料理を楽しむことができます。
子供がいると学校の関係で気軽に引越しすることができません。子供の成長も考えアパート探しをすることが大切です。

家賃を払うということは高い買い物をしているのと同じです。
一度引越ししてしまえば、気に入らないからといってすぐに引越しできるものではありません。
アパート探しをする際には、自分たちに合った物件かをよく検討してみる必要があるでしょう。

【関連リンク】

アパート探しで必要な費用や世帯別の間取り ページ上部へ戻る