部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 一人暮らし女子の洋服収納術

一人暮らし女子の洋服収納術

ショッピングが好きな人は多く、季節や流行に合わせて洋服や化粧品をどんどん買ってしまうという女子も多いはずです。
しかし、一人暮らし向けのお部屋の多くは1Rや1Kといった間取りでは収納スペースも小さく、洋服が溢れて散らかってしまいがちです。
洋服が散乱して足の踏み場もない状態になってしまっては、せっかくインテリアに凝った素敵なお部屋も台無しです。
一人暮らしのお部屋の少ない収納で、洋服をすっきり収納する方法を考えます。

■収納が少ないから洋服が溢れるという考え方を捨てる
一人暮らし向けの間取りの多くは、収納が一か所しかありません。
もっと収納があればいいのにと思うかもしれませんが、考え方によっては自分の持ち物を管理しやすい間取りです。
その一箇所の収納さえきちんと管理しておけば、部屋が散らかってしまうことはないのです。

■自分のクローゼットの中身を知る
何も考えずにクローゼットにどんどん洋服を収納しているという人は、まず一度自分の持ち物を確認します。
2年も3年も使っていない洋服や、持っていることを忘れていた洋服など、さまざま出てくるはずです。
ここで、必要なものと必要ないもの、どちらとも決められないものに分別します。
その上で、必要と分別した洋服を、さらに夏物と冬物に分けることが出来たら完璧です。
どちらとも決められなかった洋服は、必要なものを収納した後に、スペースが余っていたら収納すればよいのです。

■引き出し式収納の使い方
引き出しの場合は、洋服を重ねてしまうのではなく、縦に手前から詰めるように収納していきます。
こうすることで一目で何が収納されているか分かりますし、取り出すときにも楽です。
自分が何を持っているかを把握していることは、似たようなものを何度も買ってしまうといった失敗を防ぎます。

■ハンガーパイプをうまく使って収納する
クローゼットタイプの収納では、はじめからハンガーパイプが設置されていますが、ない場合はホームセンターへ行けば手に入ります。
ここでのポイントは、洋服の長さごとに収納していくことです。
そうすることで丈の短い洋服の下に空間が出来ますので、その下に引き出し式の収納を設置することも可能です。
このスペースは、使用しないときは見えない場所に置いておきたい掃除機の収納場所としてもぴったりです。
また、洋服を掛けるハンガーは薄型タイプのものが便利です。
ハンガーの厚みは意外とかさばるものなので、薄いハンガーを使用することによって収納できる洋服の量もぐんと増えます。
ハンガーパイプに掛ける洋服を増やすことが省スペースに繋がりますので、ストールやベルトもハンガーに掛けてしまいます。


■圧縮してから収納しよう
一人暮らしの狭いお部屋では、クローゼットの隙間もうまく利用して収納しなければいけません。
よくクローゼットの上部に棚が設置されていることがありますが、その棚上のスペースをうまく利用できていない人が多いです。
この収納スペースは、脚立や踏み台がないと手が届かない場合も多いので、使用頻度の低いものやシーズンオフのものを収納するのに向いています。
特に冬物の洋服やかけ布団はかさばってしまい、一人暮らしの部屋の少ない収納スペースをさらに狭めてしまいます。
ここでぜひ利用してもらいたいのが、圧縮袋です。
使用頻度の少ないかさばるものは、圧縮袋を使ってコンパクトにしてからクローゼットに収納しましょう。

■かばんの収納を工夫する
洋服のトータルコーディネートを目指す女子は、自然と持っているかばんの数が増えてしまいます。
かばんは形がさまざまで、洋服のように折りたたむことも出来ないので、収納が難しいアイテムです。
頻繁に使用するものは、あえて室内の壁に掛けて、ディスプレイ風に収納するのもいいかもしれません。
自分の好きなようにインテリアコーディネートが出来るのも、一人暮らしの醍醐味です。
型崩れの気にならない布製のかばんなら、ボックスに重ねて入れてしまうことも出来ます。
しかし、保存状態に気をつけたいかばんは収納方法に工夫が必要ですので、自分のクローゼットの形状やスペースに合う収納方法を考えなくてはなりません。
一つに、S字フックをハンガーパイプにかけ、そこにかばんを引っ掛ける方法があります。
ハンガーパイプにあまり余裕がない場合は、棒状のタオルかけをクローゼットの横の壁面に設置することで、そこにS字フックがかけられます。
その他、棚があるタイプのクローゼットでしたら、縦置きタイプの書類ケースを並べてそこに一つずつ収納する方法もあります。

■オンラインクローゼット
どんなに努力しても洋服が溢れて片付かないという人は、パソコンの中に収納してしまうという、最後の手があります。
預けた服は、すべて写真と一緒に登録される仕組みになっていて、ウェブサイトにログインすると自分の預けている洋服を確認できます。
最近、インターネットで申し込むと、洋服を預けることが出来るサービスが登場しています。
預けた服は、すべて写真と一緒に登録される仕組みになっていて、ウェブサイトにログインすると自分の預けている洋服を確認できます。
オンラインクローゼット内の服を使いたいと思ったときは、そのウェブサイト上から指定するだけで、自宅に届けてくれるのです。
高品質のクリーニングや空調管理の行き届いた専用倉庫での保管といったサービスもありますので、一度チェックしてみてもいいかもしれません。

お部屋の収納が小さいと嘆いてはいけません。
いろいろ工夫することで、大好きな洋服と一緒に一人暮らしを楽しむことが出来るのです。

【関連リンク】

一人暮らし女子の洋服収納術 ページ上部へ戻る