部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 不動産物件情報は増加し部屋探しが楽で楽しくなる

不動産物件情報は増加し部屋探しが楽で楽しくなる

物件情報の収集といえば不動産屋へ直接出向いて探す方法が主流の時期がありました。
しかし、現在ではネットで検索して情報を得ることが主流となってきました。
新旧の方法を活かして自分の理想を叶えてくれる物件探しをしましょう。

■物件情報の入手手段は
新聞から物件情報を収集する場合、自宅や勤務先に配達されたり、コンビニエンスストアで購入したりした新聞の中ほどに掲載されている募集内容から探します。
表示は小さいですが最低限の物件情報を得ることが出来ます。
チラシから物件情報を収集する場合、新聞と同時に配達されるチラシや企業から委託された情報が掲載されたチラシを宅配業者が配達する投げ込みチラシから探します。
一面に複数の物件が記載されているので一社が取り扱う多くの物件を目にすることが出来ます。
コンビニエンスストアや駅の通路などに置かれているフリーペーパーから物件情報する場合、住宅情報誌は店舗のカウンターや出入り口の周辺等に設置されているので自由に持ち帰ることが出来ます。
複数の企業が人気のある物件情報を掲載しているので条件が共通した希望物件を各社から選び比較することが出来ます。
インターネットやスマートフォンから物件情報を収集する場合、希望の条件を絞り込んで検索すると多くの情報を得ることが出来ます。
まずは交通機関を検索します。
学校や職場などへ向かう際、自動車やオートバイクそれに自転車を使用するのであれば目的地に最短で走行できるルートを検索してみましょう。
バスで通学・通勤を考えているのであれば最寄のバス停と経由を電車を利用するのであれば最寄り駅や乗り換えの少ない路線を検索してみます。
次は間取り・設備・家賃で検索してみましょう。
寝室は別に確保したいのなら部屋数が多い方を選ぶ人もいるでしょうし、空間を細工して楽しみたいなら広さを選ぶ人もいるかもしれません。
二人以上で暮らすならバス・トイレは別がいい人もいるでしょう。洗濯物は「天日干し」とこだわる人はバルコニーが必要という人もいるでしょう。
火災は起こしたくない人はIHクッキングヒーターを天気に左右されず毎日選択をしたい人は乾燥機付浴室など電化システムを希望する人もいるでしょう。
このような最新設備を搭載している物件や条件を満たした家賃の物件探しはインターネットやスマートフォンで絞り込み検索した方が便利です。
部屋の間取りや設備それに外観の画像をインターネットやスマートフォンで確認することが出来ます。
物件だけではなく、実績のある不動産業者を探すときにもインターネットやスマートフォンを利用しましょう。
そうすることで不動産業者の評価も知ることが出来ます。
また、直接店舗を訪問してみるのもよいでしょう。インターネットに一切物件情報を掲載しない店舗もあるはずです。
以前の不動産屋は道路に面したガラスの至る所に物件情報が記載されたチラシを貼っていたものですが、最近の不動産屋はどうでしょう。
店先はきれいに整備され、出入り口は季節ごとにディスプレーされている店舗もあります。
ウォーターサーバーを設置したり、小さなお子様用のドリンクコーナーや遊戯スペースを設けたりしています。
お客様が心地よい環境で物件探しが出来るよう努力しているのです。

窓口ではお客様のニーズにお答えできるよう複数の従業員を駐在させ多くの物件情報を提供しています。
従業員が増えたことにより土曜、日曜、祝日も営業をしているので平日勤務の人も利用しやすくなってきました。
時間を気にせず利用できる点はまだまだインターネットやスマートフォンには敵いませんが多くの方法が進化し続けていることは間違いありません。

■実際に自分の目で確認を
これまでに挙げた情報だけでは実際の状況を確認することは出来ません。
何件かの候補を不動産業者立会いの下で訪問してみましょう。
ドアや建具の建付けがしっかりしているか。床に傾斜はないか。備え付けの設備に破損はないか。
日の当たり具合はよいか。物件の設備だけでなく周辺の環境チェックも大切です。
物件情報とは別に契約する際に必要な情報収集も忘れてはいけません。
家賃のほかに支払う敷金や礼金の金額、戻ってこない費用の有無など。
不明な点はどんどん不動産業者に質問して納得のいく部屋探しをしましょう。

【関連リンク】

不動産物件情報は増加し部屋探しが楽で楽しくなる ページ上部へ戻る