部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 新生活、女性の一人暮らしのための物件選び

新生活、女性の一人暮らしのための物件選び

春は大学進学や就職など新生活をスタートする季節です。
環境の変化をきっかけに一人暮らしをしはじめる人が多くいます。
それが初めてであれば物件選びに戸惑いを感じる人がほとんどだといえます。
女性の初めての一人暮らしにおいて失敗しない物件探しについていくつかポイントを紹介します。

■絶対ゆずれない“安全第一”
女性の一人暮らしといえばもっとも大切なのが安全面です。
空き巣や不審者の侵入、そして下着泥棒やストーカー、心配事を挙げたらきりがないくらい女性の一人暮らしを取り巻く危険はたくさんあります。
“間取りが希望通りで一階が空いていたからそこに決めた”“家賃が安かったからセキュリティは何もないけどこの物件を選んだ”
そんな安易な考えで物件を決めてしまっては危険を回避することはできません。
一階は空き巣が狙いやすい場所なのです。
そのため女性が安心して一人暮らしをするのであれば、部屋が二階以上にあることは欠かせない条件です。
そして不審者の侵入を未然に防ぐ為に効果的なのがオートロックシステムです。
マンションの出入り口に設置されているもので、そのマンションに住む人以外の人が簡単にマンションに入ることができないシステムのことをいいます。
オートロックシステムがついているのとついていないのとでは安心感はだいぶ違うといえます。
しかしそれだけで安心してはいけません。
自分の行動にもしっかり注意を図ることが大切なのです。

自分でできる防犯対策の例は以下のとおりです。
○表札を出さない
○インターホンが鳴ってもすぐにドアを開けない
○玄関のドアチェーンは必ずかける
○洗濯物はベランダに干さない
○カーテンは遮光性カーテンを使用し自宅にいる時間帯などを知られないようにする

これらさまざまな自己防衛の方法があるのです。
油断こそが危険を生んでしまいます。
常に緊張感を持ってとなるといささか窮屈には感じてしまいますが、安全で安心した生活を過ごす為には必要なことなのです。

■通勤・通学の為のアクセス
新しい環境に対してのストレスを軽減する為に重要なのが通勤、通学にかかる時間の短縮です。
慣れない会社や学校の生活に不安はつき物です。
初めて住む地域なら通勤、通学のアクセスが複雑であれば余計にストレスを感じてしまうでしょう。
できるだけ短い時間で、かつ乗り換えも少なければストレスの軽減に繋がるのです。
初めての環境の場合は、なるべく会社や学校に近い場所で物件探しをすることが大切です。

■快適なプライベートの為のお部屋作り
せっかく一人暮らしをするのだから、自分の好きなお部屋作りをするのもおすすめです。
女性の一人暮らしを前提とした物件では、おしゃれでかわいい内装にこだわったお部屋もあります。
しかし内装を重視した場合、デザイナーズマンションなどの物件を選べば家賃が割高になってしまうこともあります。
インテリアや家具など、自分なりのこだわりを持ったものを選んでお部屋作りをすれば、一人暮らしならではの楽しみを得られるのです。

■一人暮らしに優しい街の環境
快適に一人暮らしをする為には、立地にこだわって物件を探してみるのも良いことといえます。
その街の治安を知って安全対策に備える、これも重要なことです。
そして近くにスーパーやデパート、そしてコンビニエンスストアなどの商業施設があれば大変便利といえます。
自炊をする人しない人、どちらの人にとっても買い物をしやすい環境というのは暮らしの支えになるのです。
街に商店街があるのも魅力的です。
地域の人が自然と集まる環境がある街こそ、安心して一人暮らしができる環境といえます。

■物件を探す方法
住宅情報誌を見てみたり、インターネットで不動産会社のホームページを検索してみたりするなど物件を探す為にはいろいろな方法があります。
気になる物件を見つけたら内見で実際にお部屋をみることができます。
その際は物件だけでなく、近くの街の様子なども実際に自分の足で歩いて、目で見てみることが大切です。

快適な新生活を手に入れるには新しい環境にただ流されて過ごしていてはいけません。
ポジティブに自分からアプローチすることが良いスタートをきるためにも大切なのです。

【関連リンク】

新生活、女性の一人暮らしのための物件選び ページ上部へ戻る