部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. それぞれのスタイルに合ったアパートの間取

それぞれのスタイルに合ったアパートの間取り

アパートの間取りというのはご存知のように何種類かのパターンがあります。
ここではアパートの間取りをいくつかに分けて取り上げてみましょう。

■1R(ワンルーム)
キッチンと居室が1つの部屋にあり、仕切りがない間取りのことをいいます。
一般的に6帖や8帖などの広さが多いので、一人暮らしの方に向いているといえるでしょう。
このタイプはキッチンとの仕切りがないため、調理するスペースがなかったり料理をしたあとのにおいが居室にこもりやすかったりという声が聞かれます。
最近はカウンタータイプのキッチンやアイランドタイプのキッチンなどデザイン性を重視したお部屋も増えてきております。

■1K(ワンケー)
間取りとしては1Rに近いのですが、1Kは居室とキッチンが扉で仕切られているので、扉を閉める事で料理中の匂いなどがお部屋に行きにくいというのが利点です。
1Kタイプの多くが玄関からお部屋までの廊下部分にキッチンがあるので、食器棚を置けるスペースが確保されていないのでキッチンレイアウトには工夫が必要です。
最近は1Kタイプでもシステムキッチンが入り、食器などの収納棚が充実してきております。

■1DK(ワンディーケー)
構造は1Kと同様に居室とキッチンが仕切られている間取りですが、キッチンスペースが4・5帖ぐらいあれば1DKとよばれることがほとんどです。
1Kよりも広さが確保されているので、調理して食事をする場所と居室というように生活空間を分けられたり、食器棚を置く程度のスペースの確保が出来ます。

■1LDK(ワンエルディーケー)
ひとつの居室のほかにLDK(リビングダイニングキッチン)という構造になっている間取りをいいます。
普段の生活空間はLDKで、もうひとつの部屋は寝室にという使い方ができるのでこういった点は魅力的です。
このぐらいの間取りになると部屋もコーディネートしやすく、ゆとりをもってインテリアの配置もできるようです。
まだお子さんのいないご夫婦にも向いている間取りになっています。

このように、例として4種類の間取りを簡単に紹介してみましたが、アパートの間取りはもちろんほかにもあります。
2DK、2LDKなど今紹介した間取りよりもそれぞれ一部屋多いタイプです。
イメージ的に部屋数が多いとその分暮らしやすいと思われるかもしれませんが、実は一概にそうとはいえません。
部屋が細かく分かれていると必然的にドアや仕切りも多くなるため、部屋と部屋の間の移動が面倒だという方もいます。
ではアパートの部屋探しをするときに、間取りの構造上どんなところに注意すればいいか挙げてみましょう。

【エアコンの位置】
現在はエアコン完備というアパートも多くなっています。
部屋をチェックするときはエアコンの設置場所に気をつけましょう。
特に1R以上の間取りの場合、エアコンが1台だけだと間に合わないことも考えられます。
エアコンの風が届く向きも考慮しなければ、夏場のキッチンは暑くて火を使いたくないといった状況になりかねません。

【コンセントの位置】
寝室にする部屋にもテレビを置きたいのにテレビアンテナの差込口がなかったり、コンセントの場所によっては延長コードだらけになったりという可能性があります。
アパートの部屋を見るときは、電化製品を配置するおおよそのイメージを浮かべて間取りとあわせてみるのがいいでしょう。

【収納スペースの位置】
居室に収納スペースがあるからといって安心してはいけません。
トイレットペーパーのような消耗品だったり予備のバスタオルを収納したりという場所が、バストイレまわりにまったくないというのは不便です。
そういったスペースがないのであれば、せめて収納ラックを置ける程度の場所があったほうがいいでしょう。

以上のように、位置というキーワードだけでもこういったチェックポイントがでてきます。
ライフスタイルだったり家族構成だったり、その人が暮らしやすい間取りというのはそれそれ違います。
しかしアパートの構造や間取りが違ったとしても、最低限チェックすべき要素にはさほど違いはないのです。
その部屋で料理をしたりやテレビを見ながらのんびりしたり眠りについたりと、いくつかの日常をイメージしてみましょう。
どういった間取りであれば日常生活をイメージしやすいかで、自然に理想的な形が見えてくるのではないでしょうか。
また、間取りだけにこだわりすぎると築年数の古いアパートが多く該当するケースもあります。
条件をはっきりさせるのは大事ですが、いろいろなシチュエーションを想定してアパート探しや間取りを決めることも考えてみましょう。

【関連リンク】

それぞれのスタイルに合ったアパートの間取り ページ上部へ戻る