部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 池袋まで30分以内、横浜も一本で行ける志木市で賃貸を借りる。

池袋まで30分以内、横浜も一本で行ける志木市で賃貸を借りる。

志木市は、埼玉県南部に位置し、都心へのアクセスの良さ、駅前の商業施設の充実さから、人気のあるエリアです。
都心へ約20分で行けるという好条件から、首都圏のベッドタウンとなっています。
市内には3本の川が流れていて、郊外には田園もあり、自然がたくさん残っていて、住みやすい街のようです。
なぜ人気があるのか、おすすめのポイントをご紹介します。

■水と緑の自然が多い
志木市の中心部に新河岸川と柳瀬川、東側に荒川と、3本の川がシンボルとなっています。新河岸川によって大きく大地と低地に分けられ、東北に向かって緩やかな傾斜が見られます。
東はさいたま市に、西南は朝霞市と新座市、三芳町に、北は富士見市に接する、人口約7万人の小さな市です。面積が9.06平方キロメートルで、日本の市の中で7番目に小さいようです。
3本の川があることで、川とのつながりが深く、カッパ伝説が伝わる街です。街中にカッパ像がたくさんあります。23体(22ヵ所)あります。カッパをモチーフにしたご当地キャラもいます。
川周辺には野鳥も多く見られ、春にはたくさんの桜が咲き、自然が多い街です。
また、途中の和光市駅より東京メトロ有楽町線が利用でき、新宿や渋谷など都心にも1時間以内で行けます。
通勤にはもちろん、都心へ遊びに行くにも便利ですね。
クラス数が増えたことにより、教員も必要になり、市独自で常勤講師の採用をしています。
中心市街地は志木駅周辺で、ショッピングゾーンや飲食店、金融機関が多数あります。日常の買い物は不便なく済むようです。

子供を安心して学校に通わせられますね。

■駅周辺情報
志木市内には、鉄道は東武東上線が通っており、志木駅と柳瀬川駅の二つがあります。
志木駅から池袋まで、乗り換え無しで約20分で行けます。急行も停車します。

■教育に熱心
少人数学級編成「志木っ子ハタザクラプラン」と言って、小学1、2年生を25人学級にしました。児童の個性を生かし豊かな人間性を育むためとしています。
柳瀬川駅周辺は、志木ニュータウンという大規模マンション街があります。駅名にもなっている柳瀬川の土手は、春になると桜が咲き、名所となっています。

■都心へ近い
志木市は、全国に先駆けて少人数の学級を取り入れた市で、積極的に教育に投資する自治体です。
少人数学級編成「志木っ子ハタザクラプラン」と言って、小学1、2年生を25人学級にしました。児童の個性を生かし豊かな人間性を育むためとしています。

■家賃について
家賃は、池袋から離れるにつれて少しずつ低くなっているようです。
志木駅と柳瀬川駅では、志木駅の方が少し高いようです。
どの地域でも、駅から近い方が高価ですが、志木市の場合はその傾向が強いようです。
同じような間取りや築年数でもかなりの差があるようなので、いろいろな物件を見て検討しましょう。
駅から20〜30分くらい歩くだけで、2万円台の安い賃貸があるようです。

【関連リンク】

池袋まで30分以内、横浜も一本で行ける志木市で賃貸を借りる。 ページ上部へ戻る