部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 賃貸物件に暮らす上でのメリットとデメリット

賃貸物件に暮らす上でのメリットとデメリット

住まいの形態には、大きく分けて賃貸と持ち家があります。
賃貸物件に住むメリットとは何でしょうか。

■賃貸のメリット
賃貸のメリットは簡単に引っ越しが出来るため、生活上の変化に対応が可能な点です。進学や就職、それから結婚など人生の節目で転居する方は多いです。
遠方の学校や職場に通う場合や、家族が増えた際に間取りや広さが合わなくなることはあります。そんな時も容易に住み替えが可能です。
またマイホーム購入と比較すると、初期費用が安く済みます。賃貸物件の契約の際にも、ある程度の費用は必要となります。しかし購入する際の頭金や諸費用と比較すると安く済みます。 
持ち家を購入し、住宅ローンを組んで長期に渡って返済する場合は、ローンの負担が大きなストレスとなることもあります。毎月の返済額は、金利の上昇の影響も受けます。
さらに賃貸であれば、建物のメンテナンスをする必要はないため維持費もかかりません。
持ち家の場合は、ローン完済後も毎年固定資産税を支払わなければなりません。賃貸の場合は、税金の心配をする必要はありません。地価の変動も気にせず済みます。

■賃貸のデメリット
では、賃貸物件に住むデメリットとはどのようなものでしょうか。
それは資産が残らない点です。持ち家を購入した場合は自らの資産となりますが、賃貸の場合は手元に何も残りません。
また、あくまでも借りている物件なので中をリフォームすることは出来ません。釘を打つことなども禁止されている場合があります。
部屋のインテリアを自分好みにレイアウトしたいと思っても、賃貸であれば難しい場合もあります。
ペットが飼える賃貸物件もありますが、敷金が増額されたり、毎月の家賃が割高に設定されている物件もあります。ピアノなどの楽器使用にも制限があります。

賃貸物件のメリットをまとめると
○ライフスタイルの変化に合わせて自由に住み替えが可能であること
○初期費用がマイホーム購入の頭金等よりは安く済むこと
○建物のメンテナンスをする必要がないため維持費や手間がかからないこと
○税金や地価の心配をしなくても良いこと
となります。
次にデメリットをまとめると
○資産が残らない
○内部のリフォームなどは出来ない
○ペットの飼育や楽器使用などに関する自由度は低い
賃貸物件に暮らすメリットもあれば、当然ながら賃貸であるが故のデメリットも存在します。
自分のライフスタイルや資産状況を考慮し、将来設計を立てた上で、賃貸に住むか持ち家を購入するか決めると良いでしょう。

【関連リンク】

賃貸物件に暮らす上でのメリットとデメリット ページ上部へ戻る