部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. メゾネットタイプとは?特徴やメリットなど

メゾネットタイプとは?特徴やメリットなど

マンションなどの物件情報を見ていると、たまにメゾネットと書かれたものを見たことがある方もいるかもしれません。
メゾネットとは一体どういったものなのでしょうか。

メゾネットとは?
メゾネットとは、居住できる空間が2階から3階などになっているタイプの間取りのことを指します。
内階段があり、2階建てになっているアパートやマンションのこと、というと分かりやすいかもしれません。
また、よく間違えられやすいのがロフト付の物件です。
ロフトとは屋根裏部屋といった雰囲気のもので、部屋というよりはベッドや布団などを置ける空間、といったほうがいいかもしれません。

賃貸物件などでは、全ての部屋がメゾネットタイプの物件も多いですが、マンションの最上階とその下のみをメゾネットとして貸していることもあります。

メゾネットのメリットなど
まずメゾネットタイプの大きなメリットとして、一戸建ての雰囲気を味わえることがあげられるのではないでしょうか。
しかし、内階段が部屋の中にあるため、実際に居住する空間が狭くなる、狭く感じてしまうなどの点もあります。
また階段があるため、バリアフリーの物件を探している方には向かないかもしれません。

メゾネットタイプでは、開放的な空間を生み出しやすいといわれています。
他にも、2階建てになっていることが多く、バルコニーなどが2つついているので、日当たりや風通しなども有利になるといえるかもしれません。
上下2階の部屋になるので、子供などの足音などが気になる方にも合っているといえる物件かもしれません。

また、生活する時間がばらつきがちな夫婦やご家族にも合っているといえるかもしれません。
寝室などを上下別にしてしまえば、たとえ深夜に帰宅することがあっても、音などを必要以上に気にすることがなくなるといえます。

しかし、お子さんがいる家庭などでは特に注意が必要なのが、階段があるということです。
先ほども触れましたが、バリアフリーに向いているとはいえないのがメゾネットタイプです。
階段などの転落事故などが発生しない、とはいえないので注意が必要になります。

■騒音
これはメゾネットだから、といった問題ではないかもしれませんが、騒音にも注意が必要です。
上下の階は自分たちの居住スペースなので、特に気にすることはありませんが、隣には違う方が住んでいることを忘れてはいけません。

隣との壁が薄かったりすることも考えられるので、メゾネットタイプに住もうと考えている方は一度下見をすることをオススメします。
もちろん、どんなアパートやマンションでも騒音問題というのは考えられることです。
メゾネットだから、ということではなく、部屋を借りる際には隣の生活音なども気にしておく必要があるかもしれません。

メゾネットタイプの物件は、決して数が多いとはいえません。
メゾネットタイプに住みたい、という方もきっとたくさんいると思います。
一度、いいところと悪いところをしっかりと確認して、メゾネットタイプでの暮らしを楽しみましょう。

【関連リンク】

メゾネットタイプとは?特徴やメリットなど ページ上部へ戻る