部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 賃貸で事務所を借りるのか、自宅開業で始めるか

賃貸で事務所を借りるのか、自宅開業で始めるか

会社設立を決意した時にまず悩むことは、自宅で開業するのかまたは賃貸で事務所を借りるのかという問題に差し掛かります。
起業する目的にもよりますが、用途別で一度整理してみましょう。

賃貸事務所
◆サービスを利用するために、お客様が来店するためのスペース
◆お客様の対応ができるスペース
◆人員を雇用することができる
◆事務所を構えることで、仕事の依頼がしやすい
来店型の集客を求める場合は、事務所を借りることで営業効率が上がります。
また、商品を取扱う場合は保管する場所を確保することができます。

【自宅開業】
◆開業費用を節約できる
◆経費の節約ができる(家賃や交通費など)
自宅開業では、インターネットでの集客やお客様の直接の対応が必要ない場合に向いていると言えます。
これらのことから、起業する目的が明確になれば、拠点場所をどうするべきか自然とみえてくるのではないでしょうか。

■事務所の選択肢
しかし一般的には、事務所があるということで「信用」を得ることができると言われています。
そこで気になるのが、事務所を借りるための費用です。
毎月の家賃はもちろん、管理費など必ず支払わなければならないお金があります。
今後の経営状況を見据え、必要か不要か見極めることが大切です。
開業当初は余分な出費を抑えたいのが本音です。
これから事務所を構えるお金が不安を抱えている方に必見です。
実は、「バーチャルオフィス」という選択肢もあります。
バーチャルオフィスとは、レンタルオフィスとも言い、実際に自分が事務所を借りなくてもビジネスをすることができるためのものです。
事業に必要なサービスや場所を、レンタル感覚で約月々数千円〜3万円くらいの低料金借りることができるサービスです。
実際に開業する前に、このサービスを実際に体験してみるのも良いかもしれません。
住所や電話番号などを提供してくれるので、近代では利用する事業主も増加しています。
事務所機能に必要な備品などもレンタルできるので、必要か不要かの判断するには良い機会と言えます。

賃貸で事務所を賢く借りるには
開業する時には「助成金制度」や「補助金制度」というものがあります。
スムーズに開業できるように、様々な制度もあるので活用することで不安も解消されるのではないでしょうか。
個人事業や法人でも比較すると、信用性や税金対策などの違いもあるので理解することが大切です。
ちなみに、開業するということは「覚悟が決まっている」ということです。
「事務所を構えるのが目的」ではなく「目的を達成させる」ために事務所を構えるということを忘れないことが重要といえます。

住所や電話番号などを提供してくれるので、近代では利用する事業主も増加しています。

【関連リンク】

賃貸で事務所を借りるのか、自宅開業で始めるか ページ上部へ戻る