部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 1人暮らしにかかる費用の目安はどのくらいか

1人暮らしにかかる費用の目安はどのくらいか

入学や就職、転職を機に、これからはじめて1人暮らしを始めようとしている方もいらっしゃると思います。
1人暮らしをはじめるには、さまざまな準備が必要となってきますが、それと同時にどのくらいのお金が必要になるのか気になるところです。
1人暮らしにかかる費用として、どのくらい見積もっておけばよいのでしょうか。

■1人暮らしにかかる費用① 部屋を借りるための初期費用
お部屋を借りるためには、家賃だけでなく、敷金・礼金・仲介手数料といった初期費用が必要です。
敷金は、大家さんに担保として預けておくお金で、滞納した家賃や設備の修理費を差し引いた金額が、退去時に返金されます。
礼金は、大家さんの謝礼金ですが、地域によっては敷金的な性格を持つ場合もあります。
また、不動産仲介会社を利用した場合は、仲介手数料もかかってきます。
初期費用は、敷金・礼金が借りようとする家賃の0~3か月分ずつ、仲介手数料が1か月分、それ以外に初月の家賃や共益費などがかかります。
物件によっては、鍵交換代など別途必要な場合もあります。
これらを合計すると、借りようとしている部屋の賃料の6倍程度のお金が必要ということになります。

■1人暮らしにかかる費用② 家具・家電代など
全ての家具や家電を一から買い揃えると考えます。
一般的に1人暮らしのお部屋にある家具や家電を挙げてみます。
家電でしたら、ベッドや布団などの寝具やテーブル、カーテン、照明器具、それから収納棚などがあります。
家電は、テレビや洗濯機、冷蔵庫、掃除機、電子レンジ、炊飯器、ドライヤーなどです。
これらの他に、調理器具や洗剤類、タオル、食器なども必要になってきます。
生活を始めてから少しずつ買い揃えていくことも出来ますが、はじめに費用を見積もっておくと安心です。
選ぶ家具・家電によってももちろん金額は異なりますが、1人暮らし向けのコンパクトなもので揃える場合でも10万~20万円くらいかかってきます。

■1人暮らしにかかる費用③ 引越し代
引越し業者さんを頼む場合は、引越し代がかかりますが、引越しの多い3月や4月には引越し料金が高く設定されていることもあります。
1人暮らしを始めようとする人が繁忙期に引越しを考えている場合、中距離の移動であれば7万円~9万円程度と考えておきます。
日取りや荷物の量などよっても金額に差が出てきますので、引越し業者に見積もりを取ってもらいましょう。

このように、1人暮らしにかかる費用は、家賃の6か月分+20万~30万円となります。
1人暮らしを開始してからも毎月お金は必要となってきますので、無理のない資金計画をたてることが大切です。

【関連リンク】

1人暮らしにかかる費用の目安はどのくらいか ページ上部へ戻る