部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 借りるという意味、貸す側の気持ち、信頼が大事

借りるという意味、貸す側の気持ち、信頼が大事

「借りる」ということは、一般的に、後で返すことが前提で自分のために使うことです。
また、「借りる」という言葉には、様々な使い道があります。

■物を借りる
物を借りる場合、後で返す約束で自分のために使用することです。
例えば、ペンや定規、または本やお金など一時的に自分のために人から借りて、使い終わったら返します。

■賃貸を借りる
自分の住まいを確保するために、賃貸の部屋を借ります。
これは、賃貸の部屋を借りるために「家賃」という使用料金を大家さんへ支払って、一定期間自分の部屋として借りることです。
引越しなどで不要になったら、大家さんへ返します。
この場合、大家さんは他人へ自分の財産を貸すことになるので、「賃貸借契約」を結びます。
貸す側と借りる側の約束をしっかりと「契約という形」で残します。
ですから、契約書はよく読んで分からないことは確認することが大切です。
いざ退去する時に、約束が違うということにならないようにするためです。

■胸を借りる
「胸を貸す」や「借りる」などとよく耳にします。
これは自分より優れた人から、「知恵や能力」を使わせてもらうことです。
目に見えないものでも、自分だけでは補えない部分を人から助けてもらうことです。
ちなみに、「胸を借りる」という言い回しは、相撲界から生まれたと言われています。
胸を借りて、上の力士に稽古をつけてもらい成長することから始まりだとのことです。

以上からもわかるように、「借りる」という言葉には多様の使い道があります。
借りることは決して悪いことではありませんが、他人から何かを借りるということですので、大切なのは「信頼」だと言えます。
見ず知らずの人には、おそらく貸すことにためらいを感じるのではないでしょうか。
大なり小なり物の大きさなどもありますが、信用できる人へ貸すでしょう。
ですから貸す側は、大切な物を他人に使用させることから、場合によっては「無償」と「有償」に分けられます。
「無償」の場合は、口頭約束でも対応できるものが多いです。
「有償」の場合は、形を残した約束をするものが割りと多いと言えます。

破損したり、汚したりした場合は、元の形にもどして返すことが常識だと言えます。
つまり、万が一の場合を考えたものが「有償」で借りるということや、形で残した約束をするということです。
自分が持っていない部分を補うために人から借りるのですから、何事にも誠心誠意を持って使用することが大切といえるでしょう。

【関連リンク】

借りるという意味、貸す側の気持ち、信頼が大事 ページ上部へ戻る