部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 大学に通いながら一人暮らしを充実させるには

大学に通いながら一人暮らしを充実させるには

大学に進学する人たちは新しい出会いや新しい環境での生活に、期待をしている反面、不安も抱えていると思います。
地方から上京して東京の大学に通う人も珍しくありません。その場合は、ほとんどの人は一人暮らしをしながら大学に通うことになります。
一人暮らしをしながら大学に通う場合では、新しい環境での生活に更に不安を大きく感じるはずです。

■一人暮らしへの不安を解消する
大学が決まり上京する人たちは、お部屋探しをします。1~3月にかけてのこの時期は大学が決まった人たちだけでなく、就職先が決まって上京するひとたちも一斉にお部屋探しをします。
そのため不動産会社はこの時期はとても忙しく、一人暮らし向けの物件は特に人気になります。
一人暮らし向けの物件とは一般的には1K(ワンケー)や1R(ワンルーム)といった間取りが多いです。
その一人暮らし向け物件で目星をつけていた物件が、次の日には入居中になっていたということもよくあります。
最近では携帯やパソコンのネットを利用して賃貸を探す人も多いです。気に入った賃貸があればすぐにその物件を紹介している不動産会社などに電話をしておくといいでしょう。
自分の状況を先に伝えていおくことで、よりスムーズに賃貸契約できることが期待されます。さらに条件の近い、他の物件の詳細をいくつか用意してくれているかもしれません。
いい物件を紹介してくれる良い不動産業者出会えたら、一人暮らしへの不安も解消されるかもしれません。

■大学に通うことへの不安を解消する
大学に通うために一人暮らしの賃貸を探している人の多くが通学しやすい場所を条件に入れています。さらに未成年がほとんどのため治安のいい場所を条件にいれれば親の心配も解消されます。
女性の人であれば自炊をする人も多いのでスーパーが近いという条件も入れる人が多いです。買い物や生活に必要なものが揃う場所に物件があることはとても大事なことです。
また、男性の人であれば近くにコンビニがあると暮らしやすいかもしれません。
通学するには電車を使う人が多いですが、自転車で通学できる距離であれば日々の電車代やバス代がかからなくて済みます。
自転車で通学する際に物件に駐輪場が必要ですが、ほとんどの物件には駐輪場がついているので駐輪場つきという条件はいれなくても大丈夫かもしれません。
そして、いい物件に出遭えたら、大学に通いながら一人暮らしをするという新しい生活への不安もかなり解消されるはずです。

【関連リンク】

大学に通いながら一人暮らしを充実させるには ページ上部へ戻る