部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 分譲マンションを賃貸で貸す理由。借りる理由。

分譲マンションを賃貸で貸す理由。借りる理由。

分譲マンションで売り出していたが売れなくて、空家にしておくにはもったいないとの理由で賃貸にするケースと、転勤で一時的に賃貸にするケースがあります。
分譲マンションの賃貸物件は、グレードが高く造りが良い事から人気は高いようです。
なぜならたくさんのメリットがあるからです。

■分譲賃貸マンションのメリット
もともと分譲(売る)するために造られたマンションなので、何千万円という高い値段で売られていた物件です。
一生住むことを望む人用に造られているので、防音効果やセキュリティの面でクオリティが高く、デザインも豪華なことが多いです。
たとえば、ホテルのような広いエントランスやフィットネスルームがあったり、オートロック防犯カメラなどの設備があります。
さらに、コンシェルジュがついていたり、24時間管理人がいたりするマンションもあります。
また、交通のアクセスが良い、スーパーや病院が近いなど、好立地の物件が多いのも魅力です。
市場調査をして、居住者の利便性や環境を考えて建てられているからです。

ところで、分譲賃貸マンションのメリットを見ると、家賃が高いイメージをお持ちになられるでしょう。実は、賃料が安い分譲賃貸マンションもあります。
たとえば、築年数が古いとか駅から遠い、商業施設から離れているなどの理由が挙げられます。

■分譲マンションを資産運用する
分譲マンションを投資用に購入する人もいます。分譲マンションを購入して、自分自身が住むのではなく、賃貸にして、家賃収入を得ていくのです。
分譲マンションは賃貸と違い、購入すれば資産になるので、購入した後はどのように使っても自由です。、
古くなったらリフォームやリノベーションをして活用します。そして、不要になったら売る事も可能です。
マンション一室の投資なら、普通に給与所得がある人でローンを組める方なら、どなたでもサラリーマンでもOLでも出来ます。
月々のローンを家賃収入で返済していく、つまり、今までと変わらない生活をしながらもローン残高を減らしていくことが出来るのです。
ローンの返済が終われば、家賃は生活資金として使えます。借り手が長くいれば、老後も安定した収入があり安心です。
また、生命保険の代わりにもなります。ローンを組むと同時に団体信用生命保険に加入します。
これは万が一にもオーナーが無くなった場合、保険会社がローンの返済をしてくれます。残された家族は無借金で相続でき、家賃収入を受け取ることが出来ます。
さらに、相続税が軽減になるのです。
預貯金は100%が評価額になりますが、マンションであれば50%が評価額になり、大幅に相続税評価額を抑えられます。

【関連リンク】

分譲マンションを賃貸で貸す理由。借りる理由。 ページ上部へ戻る