部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 札幌市の新築と中古のマンションの違いについて

札幌市の新築と中古のマンションの違いについて

北海道は日本の最北である都道府県です。
北海道にもいろいろな市がありますが、中心都市が札幌市です。

■札幌市の特徴
札幌市は、人口が全国の中でも上位の都市です。人の流れが多いとも言えます。
また、観光都市でもありたくさんの観光客が訪れます。
そのくらい札幌市は魅力的な都市だということです。
毎年2月に開催される雪まつりは全国的にも有名です。
札幌市は季節折々楽しめるイベントや名物などもたくさんあります。
特に冬の時期は、ウィンタースポーツが盛んになり、他の県や外国からの利用者も増えます。

■札幌市の居住区と住まい
札幌市は、中央区西区北区東区南区白石区豊平区厚別区清田区・手稲区があります。
住む区によっては治安の問題だったり、行動しやすかったり、不便だったりしますが、住まいには自身の生活スタイルに合わせた条件を求めることが大切になってきます。

■札幌市の住宅探し(マンション編)
賃貸ではなく住宅を購入するとなった時、どういう点を考慮すればよいのか知識が必要になってきます。
まず、マンション購入には、新築と中古があります。真新しい住居がいいのか割安の住居がいいのか考えてしまいます。
新築マンションは居室や設備などすべてが新しく人気があり、購入時の諸費費用が中古より少なく済みます。
最新ですと設備やセキュリティーの面において強化されており、入居者にとってより住みやすくなっている場合があります。
中古マンションは前入居者が存在するので新しさはないですが、新築より価格が下がって購入しやすくなっています。
また、新築に比べ物件数が多いので選択範囲も広がります。できるだけ自分の希望に沿った物件を選びたい人には好都合です。
ですが、中古マンションの諸費用に関しては、修繕積み立て費が建物の築年数が上がるにつれ高くなるのでその点の注意が必要です。

■冬の札幌市の注意点
冬の札幌は、イベントも盛り上がる時期です。雪景色や雪祭りなど楽しめる行事があります。
また、札幌市は地下鉄の利用者も多いですが、車所有者も多いです。車を使用しない人は駅やバス停から近くのマンションでないと不便です。
それは、寒さの厳しい時期の徒歩は身にしみますし風邪など引きやすくなります。ですから、自分の寒さに耐えれる徒歩の距離も大切になります。
それから、寒いイコール暖房必須で、暖房費もかさむということも頭に入れて置いた方が良いです。

【関連リンク】

札幌市の新築と中古のマンションの違いについて ページ上部へ戻る