部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 一人暮らし用の賃貸物件に多い間取りの種類

一人暮らし用の賃貸物件に多い間取りの種類

インターネットで賃貸情報を検索すると、一人暮らし用の賃貸物件は数多くあります。
一口に一人暮らし用といっても間取りのタイプがいろいろあるため、どれを選べばよいのか迷うことがあるでしょう。
一人暮らし用の賃貸物件に多い間取りの種類とその特徴について説明します。

■1R
1Rとは一般的にはワンルームといわれ、キッチンと居室スペースとの間に扉や壁などの間仕切りがなくひと続きになっている部屋のことを表します。
他のタイプに比べ家賃は比較的安めに設定されている場合が多いです。
キッチンはコンロの口数が1つしかない、調理スペースが狭いなどと設備が簡易的になっていることが多く、自炊をしたい人には使い勝手があまりよくないことがあります。
間仕切りがないことで狭い部屋でも圧迫感がない開放的な空間が魅力といえます。

■1K
1Kとはキッチンと一部屋の居室スペースが扉で仕切られている部屋のことをいいます。
扉があることによってキッチンから発生する食品の臭いや水回りの湿気が居室スペースに及ぶことを防ぐことができます。
1Rとくらべ、キッチンが独立しておりコンロの口数が2つ設置されていたり、シンクも広めになっていたりする場合があります。
そのため一人暮らしでお料理を楽しみたい人向けの間取りといえます。

■1DK
1DKとはダイニングキッチンと一部屋の居室スペースがある間取りのことをいいます。
そもそもダイニングキッチンとは居室スペースがひと部屋なら4.5帖以上の広さがあることが条件になっています。
そのため、調理するだけでなく食事をするスペースも十分な広さが確保されています。
調理と食事をするスペースと寝たりくつろいだりするスペースを分けられることが魅力的です。

■1LDK
1LDKとはリビングダイニングキッチンと一部屋の居室スペースがある間取りのことをいいます。
リビングダイニングキッチンとは居室スペースが一部屋の場合は6帖以上の広さがある場合を指します。
キッチンと居間が間続きで一体となっているため開放的な空間になっています。
ソファやテーブルなどのインテリア家具を置く広さも十分あるといえます。
またそれとは別に扉や襖で区切られた部屋があるため、寝室とそれ以外の生活スペースを完全に分けることができるのです。
家賃は他のタイプに比べ高めに設定されていますが、余裕のある空間で生活したいという人にはおすすめの物件といえます。

このように間取りのタイプはさまざまあり、それに応じて広さや家賃もだいぶ変わってきます。
同じ一人暮らしでもライフスタイルや収入には個人差があります。
自分にとって生活しやすい間取りはどのタイプなのか、知識があれば選択の幅も広がるのです。
賃貸物件の契約の前の情報として、これらの知識を身につけることは大切なことといえます。

【関連リンク】

一人暮らし用の賃貸物件に多い間取りの種類 ページ上部へ戻る