部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. いい物件を探す為に賃貸の探し方を見直そう

いい物件を探す為に賃貸の探し方を見直そう

賃貸物件を探す場合、個々によって選ぶ基準は違います。
一般的に家賃や立地、または間取りを一番に考えます。人によっては設備や仕様にこだわりを持って探す人もいます。
自分が生活しやすい賃貸物件、環境を手に入れる為にはどのようにして賃貸を探せばいいのでしょうか。探し方のコツを紹介していきたいと思います。

■賃貸を探す前に
生活費を見直して、自分が毎月支払える家賃の金額を計算しましょう。家賃は毎月発生する重要な費用です。
また、自分が住みたいと思う場所を決めておきましょう。学校や勤務先に近い場所だと通学(通勤)が楽になります。やバス停が近い場所も魅力的です。
それから部屋の間取りや、どのような設備・仕様が備わっている部屋がいいか想像しておくことも大事です。

■賃貸サイトを活用しよう
不動産へ直接足を運ぶのではなく、賃貸サイトを利用すると自分が理想とする賃貸がどのくらいあるのか把握することができます。
検索することでたくさんの賃貸情報を見ることができ、気になった物件の問い合わせや下見の予約などが簡単にできます。
物件の外観や部屋の内装は写真で見ることができて、付属の設備も分かるので便利です。中には、掲載されている写真と実際の状況が違う場合があるので下見することが大切です。

■賃貸を選ぶコツ
学校や勤務先に近い場所を選ぶことによって、通学(通勤)時間を短時間に抑えることができます。
女性の場合は、やバス停に近い場所を選ぶと良いでしょう。また、物件周辺の環境・治安も把握しておくと安心です。
近くにコンビニやスーパーなどの店舗があれば買い物に行く時に不便を感じることはありません。急な買い物をする場合でも対処できるでしょう。
また学校や病院などの施設、それから公園や商業施設が近くにある所は子どもがいる家庭には良いでしょう。
毎月の家賃が支払える金額か、また初期費用が支払えるかの確認も必要です。それから入居時期も自分の予定にあうか確認します。

■下見時のコツ
物件の外観(内側)の構造がしっかりしていて目立つ汚れや傷がないか、壊れている箇所がないかを確認します。
駐車場または駐輪場がある場合は駐車スペースを見せてもらいましょう。入居前に場所の確認をしておかないと入居してからもめる場合があります。
建物周辺の環境、騒音などないかを確認する必要があります。治安が悪ければ安心して生活できません。
部屋の上・下、または隣の住人の生活音がうるさくないかも重要です。例えば、アパートはマンションと違って木造の造りが多く見られます。あまりにうるさいと住人同士で対立するケースがあります。

物件の探し方には賃貸サイトが利用される方が多くなってきています。
ですが、最終的に物件を決定するときはお部屋の下見をして現地を確認してからが良いというのは昔も今も変わらない所です。

【関連リンク】

いい物件を探す為に賃貸の探し方を見直そう ページ上部へ戻る