部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 一人暮らしの水道光熱費を節約するための活用術

一人暮らしの水道光熱費を節約するための活用術

水道光熱費は、毎月必要となる出費です。毎月管理している方もいますが、なんとなく支払っている方も多いです。
後者の方は、毎月水道光熱費でどのくらいの出費があるのかを把握しておく必要があります。見直してみることで、節約できるポイントを見つけることができます。

■水道光熱費の一般平均額
水道光熱費は、住む土地や、生活スタイル、電力会社などによって変わります。一人暮らしの水道光熱費の平均額を紹介します。
・電気代3,000〜4,000円程度
・ガス代4,000〜5,000円程度
・水道代3,000〜4000円程度
季節によっても変化がありますが、おおよその平均金額を知っておくことは大切なことです。
一般的の平均額を知っておくことで、節約に対する意識も変わってくるからです。

■水道光熱費を節約するコツ
節約のコツは細かいものまで入れるとたくさんあります。電気代の節約を考えると、まず、自分が契約しているアンペア数を把握します。
なぜならアンペア数によって、基本料金が変わるからです。アンペア数は同時に使える電気量なので、自分の生活スタイルを考えて契約を見直してみるといいです。
電化製品は、コンセントを差しているだけで待機電力が発生します。待機電力は、毎月の電気代の約10%を占めていると言われています。
使わない電化製品のコンセントはこまめに抜き差しすることで、節約になります。手間だと思われる方は、スイッチがついているコンセントを使って、スイッチで管理してもいいです。
一般的にガスには、プロパンガスと都市ガスがあります。プロパンガスと都市ガスでは、都市ガスの方が安いです。物件探しを行う際には、ガスにも注目して部屋を決めるといいです。
ガスが多く使われているのが、お風呂です。給湯の温度を意識したり、シャワーを出す時間を決めて入浴するなど工夫次第で節約できます。お風呂で気をつけることによって、ガス代も水道代も節約することができます。
また、トイレは意外に水がたくさん使われています。大小のレバーを使い分けるだけで節水に繋がります。

■節約法を長く続けるために
水道光熱費をクレジットカードの引き落としにしている方も多いです。なぜなら、クレジットカードのポイントになるからです。毎月必要な出費なので、ポイントが貯まれば一石二鳥です。
節約を無理にしてしまうと、ストレスを感じてしまいます。節約に大切なことは、継続することです。
最近では、節約の便利グッズなども多く売られています。それらを上手に活用して節約を楽しむことが大切です。

【関連リンク】

一人暮らしの水道光熱費を節約するための活用術 ページ上部へ戻る