部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 東京の格安賃貸物件の理由と契約するときの注意点

東京の格安賃貸物件の理由と契約するときの注意点

賃貸物件を探すとき、少しでも安く契約したいと多くの人が考えます。
しかし、東京で物件を探すとなったとき、どうしても高くついてしまうのが現実です。
東京都内で安い物件はどのようにして見つけるのでしょうか。

■東京都内の格安物件とは
東京都内でも格安物件は存在します。
しかし、そのほとんどには何か理由や条件がついてきます。

・お風呂がない
格安物件で一般的な理由のひとつです。
お風呂がないので公共の入浴施設に出向かなければなりませんが、その分水道光熱費も節約できます。

・期間限定の物件
立地や物件の情報を見る限り特に目立った理由が見つからない場合、入居期間が限定されている場合が多いでしょう。
期間限定での貸し出しである為、契約が終了したら引越しの必要があります。
短期間の入居を考えていて、尚且つその入居期間が一致している場合はかなりお得な物件といえます。

・管理費が高い
意外に多いケースです。
家賃に目が言ってしまいがちですが、月々の支払いは家賃だけではありません。
月々の総支払額で計算するようにしましょう。

その他に治安の悪さのわりにセキュリティが甘い物件や、以前室内で事件があった物件なども存在します。
あまり気にしない人にとっては小さな問題ですが、やはり詳細を確認する必要があります。

東京都内の格安賃貸物件を探してみよう
東京で格安の賃貸物件を探すには、いくつかポイントがあります。
まずは探す地域です。東京都内の中でも東側のエリアは安い傾向にあります。
治安の良くないエリアもあるので、下調べは必須となります。
最寄り駅から遠い物件は安くなります。
職場が近い人や通勤に自転車を使っている人、マイカーを持っている人にとっては最寄り駅は大きな問題ではないので、検討してみる価値があるでしょう。
その他、物件の設備の面で条件から省くことができる点を探してみましょう。

■格安の賃貸物件を選ぶときの注意点
前にも述べたとおり、格安な物件には必ず理由があります。
まずはその理由をしっかりと確認しておくことが重要です。
次に、その理由が自分の許容範囲内であるかどうかの判断です。
その為には実際の物件を目で見ることは大変重要です。内覧は必ずするようにしましょう。
内覧の際には、壁の素材を軽くたたいて確認したり、ドアを実際に開け閉めしてたてつけの確認をしてみても良いでしょう。
すでにある傷や、破損部分の確認をし、カメラで証拠を抑えておきます。
コンロや水周りの設備の確認も忘れないようにしましょう。
気に入った物件が見つかり契約を進める際に注意する点としては、その物件を退去する際の条件や費用です。
入居時に格安ですんだとしても、退去時に余分な費用を請求されては下も戸もありません。
物件の条件や契約内容をしっかり確認した上で、契約を進めましょう。

【関連リンク】

東京の格安賃貸物件の理由と契約するときの注意点 ページ上部へ戻る