部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. ほら穴から高層マンションへ。私たちの住居の歴史

ほら穴から高層マンションへ。私たちの住居の歴史

住居は建築技術などの発達により時代に合わせて形を変え続けていますが、今も昔も住居が私たちのよりどころであることは変わりません。
日本も、ほら穴に暮らしていた時代からより住みよい環境を求めて改良を重ね、今では高層マンションなどといった住居もなじみあるものになりました。

■日本の住居の歴史の始まり
日本での住居の始まりは、竪穴式住居でした。
竪穴式住居とは、地面に穴を掘り、そこに柱を建てて藁などで屋根をかけてつくった半地下の住居です。
それまで食料を追い求めて移動生活していた人々が定住して暮らすようになると、竪穴式住居がつくられるようになりました。
この住居は夏は涼しく冬は暖かく過ごせることが特徴で、日本の風土にあったものでしたが、湿気がこもることが欠点でした。
竪穴式住居とは、地面に穴を掘り、そこに柱を建てて藁などで屋根をかけてつくった半地下の住居です。
弥生時代になると、高床式住居があらわれました。
これは、地面から床を高く離して作られた住居のことで、湿気や通風といった竪穴式住居での問題が解決されました。
これは気温が高く雨も多い東南アジアでよく見られる住居で、この高床式住居の登場は穀物などの保存にも役立ちました。

■日本らしさを持った住居がつくられるようになった平安時代
平安時代になると、住居は日本独自のスタイルを持つようになります。
平安時代の貴族たちは、庭を囲んで左右対称に住居を建て、その中心の建物を寝殿と呼んでいました。
建物の間は長い廊下でつなぎ、その廊下や庭で季節の移り変わりとともにさまざまな行事を行いました。
東側と西側それぞれに門を設け、さらに南側にも中門を設けてここから出入りをしていたと言われています。
現在見られる寝殿造りの建物では、京都御所や厳島神社があります。

■武士の文化が盛り込まれた住居
国を治める権力が貴族から武士に移ると、日本の住居にも変化が見られるようになりました。
仏教はより浸透し、その影響を受けた茶道等の文化や書院造と呼ばれる建築様式が生まれました。
畳や床の間など、現在の和室の様式の基本となる住居の形が広まったのもこの頃です。
その他、農村部では白川郷で有名な合掌造りの住居、都市部では京都などの古い町並みに見られる町屋といった、地域にあった住居の建築がされました。

■現代の住居へ
明治時代になると文明開化により西洋の文化が広まり、強度がありなおかつ耐火性も持った鉄筋コンクリート造の建築技術が入ってきます。
戦後は、こうした建築技術が住宅にも積極的に取り入れられ、人々は団地などの集合住宅に住むようになりました。
鉄筋コンクリート造だけでなく木造や他の構造においても、日本独自の建築技術は発達しつづけており。現在も日々よりよい住居に姿を変えていっているのです。

【関連リンク】

ほら穴から高層マンションへ。私たちの住居の歴史 ページ上部へ戻る