部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 一戸建ての間取りについての考え方とポイント

一戸建ての間取りについての考え方とポイント

一戸建ての物件を探す際に気になるのは間取りです。
どのような間取りを選ぶのかで、今後のライフスタイルに大きく影響します。
お部屋探しのときに注目すべきポイントについて考えてみましょう。

■一戸建てと必要なスペース
一戸建ての場合、建物の広さや何階建てなのかによって間取りが変わってきます。
建物が平屋の場合、ワンフロアにすべての部屋を収めなくてはなりません。
面積が狭い建物の場合は、狭い面積に必要な部屋数を収めなくてはなりません。
基本的に必要なスペースとしてあげられるものは、LDK、お風呂、トイレ、洗面所、夫婦の寝室、子供部屋です。
ニーズや広さによっては、人数分の子供部屋や客間、書斎をつけることも可能です。
日本はその土地柄、狭い物件が多くなっています。
その為、自分が必要なスペースは何なのか、逆に省くことができるスペースは何かをよく話し合う必要があります。

■間取りを決める方法
間取りを一から考える場合、どのような方法があるのでしょうか。
自分の理想やニーズをそのまま盛り込むこともできますが、デザイナーに依頼することもできます。
デザイナーに依頼する場合別途費用がかかりますが、自分で考えるよりも専門的な部分で使い勝手などを考慮してくれます。
また、使い勝手だけでなく風水にこだわる人も多いでしょう。

■間取りを決める際のポイント
ニーズを取り入れつつ、その建物の特徴を考慮した間取りを考えることが一番理想的です。
以前は水周りを1階に配置することが一般的でしたが、最近はあえて2階に水周りを配置する家庭も多いようです。
特に寝室の近くにトイレを配置したいという声が多いようです。
トイレの位置にあわせてお風呂も寝室の近くに配置することで、入浴後湯冷めする前に眠ることができるというメリットを得たという人もいます。
次に、主婦にとって重労働のひとつである洗濯に着目してみましょう。
洗濯機を2階のベランダの近くに設置することで、洗濯機からベランダまでの移動を楽にするのもよいでしょう。
子供のいる家庭やこれから子供を考えている夫婦の場合、子供部屋の設置を考えているでしょう。
子供部屋はどの階にするのかは大きなポイントです。
子供部屋をリビングと異なる階にする場合、階段の配置だけで影響があるという意見もあります。
プライバシーは守りつつ、年齢を重ねても家族間の交流がしやすいかどうかを考慮する人が多いようです。


お部屋探しに間取り選びは重要なポイントです。
今後一戸建てを手離して賃貸物件として売り出すことになったときも、間取りの良し悪しで人気度は大きく変わってくることでしょう。
自分や家族のニーズとその建物の特徴を考慮した上で、間取りを考えていきましょう。

【関連リンク】

一戸建ての間取りについての考え方とポイント ページ上部へ戻る