部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 一人暮らし家具レイアウトのポイントとコツ

一人暮らし家具レイアウトのポイントとコツ

一人暮らしを始める人にとって、一番に考えるのは居心地のよい部屋作りです。居心地のよい雰囲気作りに家具のレイアウトは重要になってきます。
家具のレイアウト次第でお部屋のイメージは大きく変わります。
一人暮らし家具レイアウトを決める際のポイントやコツを考えていきましょう。

一人暮らしの家具選び
家具のレイアウトをする際に一番最初に考えるのはお部屋のイメージを決めることです。
お部屋のイメージによって家具選びも変わってきます。
そして家具の種類によって、レイアウトも変わってきます。
家具選びのポイントとしては、狭い部屋の場合は高さの低い家具を選ぶことがポイントです。
高さの低い家具で揃えることで圧迫感を防ぎ、広々と感じさせることができます。
また、家具を同一の色や素材で揃えることで、部屋全体の統一感を与えることができます。

■一人暮らし家具レイアウトのポイント
一人暮らしの多くはワンルームなどの決して広くはないお部屋でしょう。
一人暮らしのお部屋作りでは、そのような狭い部屋をいかに広く見せるかがポイントになるといえます。
それでは、部屋が広いと感じられるときはどのようなときでしょう。
一般的に、あいている空間があるときに人は「広い」と感じるようです。
ですので、一人暮らしの部屋作りの際もあいている空間を作ることが大事になってきます。
次に、空間を作るコツを考えていきましょう。

■一人暮らし家具レイアウトで広く見せるコツ
まずは上記で述べたとおり、背の低い家具で統一します。
家具の背が低いと。家具とてっぺんから天井までの空間があきます。
そうすることで圧迫感もなくなる上に天井を高く感じさせることもできます。
色を使っても、部屋を広く見せることができます。
家具や小物は明るい色のものほど圧迫感の感じない部屋にしてくれます。
さらに色彩を統一することで、部屋にまとまりが出てすっきりとした印象を与えることができます。
また、家具を壁際に寄せて配置すると、おのずと部屋に空間ができます。
この際、窓を塞がない配置を心がけると、日の光が部屋に入って明るい部屋を演出してくれます。
狭い部屋の場合は、テーブルはあえて置かないという選択もあります。

食事をするときは収納式のテーブルを利用し、普段はテーブルはない状態にしておくのです。
そうすることで部屋全体を広くすっきり見せることができ、粋な印象も与えることができます。
ある程度スペースを確保できるお部屋の場合、ラックやベッドを仕切りにしてスペースを区切る方法もあります。
部屋を仕切ることで部屋が使いやすくなるだけでなく、ワンルームであるにもかかわらずもうもうひと部屋あるかのような広さを感じさせることができます。

お部屋のレイアウトを考えることは、大変ですがとても楽しい事柄のひとつです。
疲れて帰ってきても雰囲気の良いお部屋だとリラックスできるものです。
一人暮らしを始めた際には、家具のレイアウトやインテリアに力を入れてみるがお勧めです。

【関連リンク】

一人暮らし家具レイアウトのポイントとコツ ページ上部へ戻る