部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 自分にとっていいへやとはどんな部屋なのか

自分にとっていいへやとはどんな部屋なのか

「いいへや」ときくと何をイメージしますか?きっとそれぞれ自分にあった条件のお部屋を思い浮かべると思います。
自分に合った条件なので、広々とした空間で過ごしたいという人は広いへやがいいへやの条件に入るということになります。
女性は料理をする人が男性に比べて多いです。料理のしやすいシステムキッチンは多くの女性がいいへやの条件に入ります。
ほかにも、ルームシアターが趣味で大音量で映画館のようにDVD鑑賞をしたい、というひとは防音設備のあるへやがいいへやの条件になります。
このように自分にとっていいへやだからといって、他の人にとってもいいへやになるとは限りません。人それぞれで、いいへやの条件も違うのです。

■多くの人にとってのいいへや
多くの人にとってのいいへやとはなんだと思いますか?これは沢山の人が共通していいへやの条件に入れていることです。
インテリアや設備など部屋の空間に関係することだけがいいへやの条件ではありません。
多くの人が共通していいへやの条件に入れていることは、その物件のある場所「立地」のことです。
立地の良い場所こそ多くの人がいいへやと感じる条件なのです。立地が良いということは、通勤・通学などにおいても交通の利便性が良く、生活しやすいということです。
また、買い物などの際も近くにスーパーがあったり、生活用品などがすぐに手に入る場所も立地が良いといえます。
立地の良い場所であれば、暮らしにも余裕ができてゆとりのある生活が送れることでしょう。

■女性にとってのいいへや
女性にとっていいへやとはどういった部屋なのでしょうか?もちろんシステムキッチンがあって広々と料理ができることもいいへやかもしれません。
多くの女性は防犯設備をなどのセキュリティーを気にする人が多くいます。
セキュリティーが備わっていればストーカーなどの変質者、不審者からの被害の確立をさげることができます。
たとえば、部屋に入るまでにオートロックが二箇所ついているダブルオートロックの設備があれば後追い入館などの被害をなくすことができます。
ほかにも、防犯カメラがついていて管理人や大家さんが常駐していれば、なにかあったときに気づいてくれます。
男性と比べて力のない女性ではこういった設備が設けられているマンションなどに住んでいれば安心して生活できます。
セキュリティーが高い物件は女性にとってうれしいものです。こういった物件も最近ではどんどん増えてきています。
防犯設備のある物件は女性にとっていいへやに大きく繋がる重要な条件のはずです。

【関連リンク】

自分にとっていいへやとはどんな部屋なのか ページ上部へ戻る