部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 賃貸事務所を探す時の考慮することはなにか

賃貸事務所を探す時の考慮することはなにか

会社を作ると言った場合、起点となり業務の管理等をする場となる事務所が必要です。
会社設立の際、保有の場所が無い時は事務所を借りなければいけません。
事務所の賃貸物件を選ぶにはどんなことを考慮するべきか考える必要があります。

■立地を考える
賃貸物件において、住宅も事務所も立地を考えることは大切なことです。
それは、場所によって生活しやすかったり、仕事がはかどりやすかったりするのは周辺の環境が関わっているからです。
高い建物の影になっていないかや周りの騒音の程度なども立地条件と言えます。暗いと気分も下がりますし、うるさいと集中できません。
また、例えば都会では大手の会社の事務所ですと、地域の一等地に事務所を設けます。
これは、周囲からの信頼度を上げる効果を期待しているからです。
会社の発展は事務所の立地に大きく左右されるということになります。

賃貸事務所の種類と事務所選び
事務所と言ってもさまざまな種類があり、使用人数や仕事内容によっても異なってきます。
オフィスビル…一般的なスタイルです。実用的で来客を呼べる点や電話回線など多数引けるので、働く人数が多い事務所向きです。
事務所可のマンション…住居目的の造りのため会社としては使い勝手に不十分さを感じる人もいますが、個人事務所としてなら初期費用も安く収まり、堅苦しくないので向いています。
レンタル事務所…事務所目的の仕様なのであらかじめテーブルや椅子が用意されている場合が多く、物件によっては受付があり、荷物の受け渡しや来客対応もしてくれることもあります。
事務作業など仕事に集中したい人に向いています。
事務所を利用する人の形態や仕事のスタイルによって、面積や電話回線の数など必要となる詳細が異なります。
会社に合わせた事務所選びが大事になります。

■初期費用
事務所を借りる際も初期費用が発生します。
オフィスビルは賃料の4から8ヶ月分程かかり、事務所可のマンションタイプですと4から6ヶ月分程かかり、そしてレンタル事務所ですと2から3ヶ月分程の初期費用がかかります。
このように見ると、オフィスビルが一番高く感じられますが、初期費用をなるべく抑えたい人はレンタル事務所かマンションタイプになります。

暮らしにしても働くにしても賃貸物件選びには、慎重になり立地や条件等を考慮しなければいけません。
より良い仕事をするために、作業効率を上げてくれる環境は将来の会社の発展へとつながるのです。

【関連リンク】

賃貸事務所を探す時の考慮することはなにか ページ上部へ戻る