部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 3DKの間取りとはどんなものを言うのでしょうか

3DKの間取りとはどんなものを言うのでしょうか

3DKとは、部屋とキッチンの間に仕切りがあって、3つの居室が確保されているほかにダイニングキッチンが1つの間取りになっているものを言います。
DKはDining(ダイニング)とKitchen(キッチン)を略したものです。
よく似たものに3LDKというものがありますが、これはダイニングキッチンがリビングとしても使用できるスペースを含んでひと続きになっているものです。

■3DKの良さとは
3DKは、来客があった場合には居室のひつとをゲストルームにするなどその時々で使い方を変えられるという利点があります。
独立した居室が3つありますので、単身者用としても家族用としてもどちらでも住めて、応用のきく間取りであると言えます。
仕事をする部屋と寛ぐスペースは分けたい、居室数は余裕を持ちたいなどの場合にもおすすめです。

■3DKをどう使うのか
3DKは居室ごとに仕切りとなるドアや引き戸がありますので、広いスペースを希望する方には一見不向きかもしれません。
また、ダイニングキッチンの部分は明確な基準がありません。
業者により、4.5帖以上8帖未満となっていたり6帖以上10帖未満となっていたりといろいろです。
また、3つの居室の内訳が和室なのか洋室なのかでも、使いみちは変わってくるでしょう。
物件の間取り図を見るときや実際の下見に行ったときには、生活のパターンをイメージしてみるといいかもしれません。

■3DKと3LDKは間違えやすい
賃貸物件を探す方の中には、3DKと3LDKの違いをあまり意識していない方もいらっしゃるかも知れません。
3LDKと表記している物件情報を見たとき、リビングを含めた間取りだから3DKよりは広いだろうと誰しもが思うでしょう。
ですが、中にはスペースを広めに取ってある3DKを3LDKとして表記している場合があるのです。
同じ家賃ならなるべく広いところを、と希望する方が多いことからこのような事例が生じてしまうのかもしれませんが、物件をみるときは注意が必要です。
分かりづらい場合には、床面積またはDK部分の広さを確認すると良いでしょう。

■間取りによっては空間をいかせる
ダイニングキッチンと居室と隣り合っていて引き戸も取り外せるような場合、空間をつなげて2LDKのように使用することが可能です。
現在では2LDKの物件も増えつつありますが、実は以前からこの3DKを2LDKのようにレイアウトする方はたくさんいらっしゃったのです。
3DKの独立した空間を楽しむのもよし、工夫して仕様を変えて楽しむのもよし、物件を探すときもあまり表記に拘らずに選択の幅を広げてみるのもいいのではないでしょうか。

【関連リンク】

3DKの間取りとはどんなものを言うのでしょうか ページ上部へ戻る