部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. テナントの開業時において、いろいろな確認事項

テナントの開業時において、いろいろな確認事項

普段私たちが利用している飲食店や服屋なども、ショッピングセンターだったり百貨店だったりの一角にあります。
そういった、一部の場所を借りて営業する店舗のことをテナントと言います。
居住用物件の賃貸契約において発生する敷金や礼金、そして仲介手数料料や保証居委託料なども、テナントの賃貸に関しても発生します。

■テナントに掛かる費用項目
賃貸ということですから、貸主と借主が存在します。場所を使わせてもらうために支払う費用にはいろいろあります。

敷金(保証金)
貸主に預け、家賃の未納や退去時の修繕などに掛かる費用の補填とされるか、特に何もなければ返金されるお金です。

礼金
貸し主へのお礼の気持ちを表すお金で戻ってきません。

仲介手数料
テナントを紹介してくれた仲介した不動産会社に支払うお金です。

保証委託料
保証会社に支払うお金で、保証会社が借主の賃料滞納時の弁済をしてくれます。

一般的な賃貸物件と同様な項目になります。物件によって違いも多少あります。
また、店舗を開業するにあたって内装費用が掛かる場合も多いです。
そして、注意が必要なのが敷金や保証金の償却です。
契約時に償却となっている場合は、敷金や保証金の一部またはすべてが無条件に引かれ戻ってきません。
確認漏れの内容に気をつけなければなりません。

■テナント開業時に必要なもろもろ
家賃などの契約時に掛かる費用の他に、店舗として成り立つためには必要なものがいろいろあります。
商品代金の精算に用いるレジや作業に使用する事務用品、それから商品などの準備が必要です。
また宣伝代だったり、電気代だったり、人を雇うなら人件費だったりとさまざまな費用も発生します。
事前に経費がどのくらい掛かり、毎月の支払い分や収益費など考えることが大事です。

■テナントの立地
居住用の賃貸物件でも立地は大切な要素ですが、テナントにおいても同様です。
店舗として繁盛して欲しいですし、好都合の条件の場所で営業したいのが一般的です。
ビルやショッピングセンター、百貨店の中でも、人通りが少ない場合や営業する環境が合わない場合などあります。
ですから周辺店舗との関連性だったり、目に付きやすい場所だったりの条件をしっかり判断することも大切です。

店舗開業にあたって、テナントの賃貸契約から始まり開店準備に掛かる費用や物など考慮しなければいけない点が多いです。
失敗しないためにも、事前の確認や経営においての知識も必要になってきます。

【関連リンク】

テナントの開業時において、いろいろな確認事項 ページ上部へ戻る