部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 賃貸物件検索サイトを上手に活用する方法とは

賃貸物件検索サイトを上手に活用する方法とは

物件探しの際には、インターネットで賃貸物件検索サイトを利用する人が増えてきました。
数多くの賃貸物件検索サイトが存在していますが、どのサイトでも利用するメリットはその手軽さにあります。
コツを知って上手に利用することによって、自分の希望に合った賃貸物件をより効率よく検索することが出来ます。

■予算を決めて家賃相場を検索する
多くの賃貸物件検索サイトには家賃相場を確認するコンテンツがありますので、はじめに自分が希望しているいくつかのエリアで、家賃の相場を検索します。
家賃相場を知ることはとても重要です。
自分の希望する地域の家賃相場と家賃としてこれくらいなら出せるという予算がかみ合わないと、ヒットする件数が極端に少なくなってしまいます。
希望のエリアの相場が少し高いと感じるようでしたら、周辺の急行や快速の停まらない駅では相場が少し安く設定されている場合がありますので、そちらで確認します。
また、無理のない予算設定を行います。
家賃は月の収入の三分の一以内におさめるのが理想と言われていますが、特に都心部ではなかなか難しい場合もあります。
家賃を低く抑えても通勤代などがその分高くなってしまうこともありますので、毎月のトータルの支出について考慮しながら予算設定をしていくのが良いといえます。

■エリアや間取りなど基本となる条件を決める
予算決めと家賃相場の検索によって、どのエリアの物件を検索するかが絞られたと思います。
また、1人暮らしなのか、家族と住むための物件探しなのかで、どのような間取りが良いかも自然と決まってきます。
多くのサイトでは、エリアや間取りごとのチェックボックスをクリックすると物件が絞られるようになっています。
このときに重要なのが、検索条件を限定しすぎないことです。
例えば1Kの賃貸物件を希望している人でしたら、1Kだけでなく1Rや1LDKにもチェックを入れて検索すると良いでしょう。
こうすることで、ヒットする数も増え、見落としてしまいがちな希望物件を拾い上げることが出来ます。

■希望の設備で絞り込む
賃貸物件検索サイトでは、室内洗濯機置場角部屋といった細かな条件を設定して物件を絞り込むことが出来ます。
このとき、あれもこれも欲張ってチェックしてはヒットする物件がなくなってしまいます。
全ての希望が叶う完璧な物件があればいいのですが、そういった物件はめったにめぐり合えるものではありません。
ここでは、自分の希望条件に優先順位をつけて、優先度の高い項目からチェックを入れて検索します。
たくさん物件が出てくるようでしたら、少しずつチェックする項目を増やして検索していきます。

■検索条件の保存機能を活用する
賃貸物件検索サイトの保存機能をご存知でしょうか。
サイトによって多少方法は変わってきますが、これは大変便利な機能です。
一度検索した条件を保存し、毎回条件を入力する手間が省けるものや、気になった物件を保存しておき後で確認できるものなどがあります。

【関連リンク】

賃貸物件検索サイトを上手に活用する方法とは ページ上部へ戻る