部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 失敗しないマンションの買い替えの方法とは

失敗しないマンションの買い替えの方法とは

自分が所有しているマンションが、古くなってきた場合や転居をよぎなくされた場合に考える手段として買い替えがあります。
買い替えとは、自宅のマンションを売却し、次の住まいとなる家を購入することを言います。
この買い替えの方法にも種類がありタイミングも異なるので、自分に合った方法を選ぶことが大切になってきます。

■その一 売却先行型
売却を先に進めて、売却の契約に併せて買い替えとなる家を探す方法です。
ちなみに、売却の契約から売却代金の受け取りに一般的2ヶ月から3ヶ月要します。
売却の契約を結んでからの買い替え探しとなるので、売却期間に比較的余裕が持てます。急いで売らなくて良いので納得した価格での売却が可能です。
2ヶ月から3ヶ月の間に買い替え先を見つけないといけなくなりますが、ローン未完済の人は買い替え先の分と二重ローンにならなくてすみます。

■そのニ 購入先行型
買い替え探しを進めて、買い替え先の購入の契約に併せて自宅のマンションの売却をする方法です。
購入の契約を結んでから売却を開始するので購入期間に比較的余裕が持てます。
ですから、次の住みかとなる家をじっくり納得がいくまで探すことができます。
ただ、購入が先になるので売却を急がなければいけなく場合になり、納得のいかない売却になる可能性もあります。

■スムーズなマンションの買い替え
マンションの買い替えをする際にしておくべきことがいくつかあります。
それは、買い替えると考えたらまず自宅の査定をすることです。
査定は複数の不動産会社に依頼した方がより選択が広がります。また、無料査定をしているところを利用するのも一つの手です。
売却価格が高ければその分、次の買い替え費用にあてられますし、まだローンが残っている場合は少しでも高値で売れた方が、二重ローンの負担額が減ります。
ですから、事前の査定は大事であり、今後のローンプラン等にも関わってきます。
そして、資金をどのくらい準備できるかも大切になってきます。
資金が無いと何も始まりません。援助してもらえる人や貯金などの確認が必要です。

マンションの買い替えは、自身の納得したい部分をどこにしぼるかで優先順序の違いが出てくるということです。
売却に時間をかけるか、はたまた購入に重点をおくかなどポイントは人それぞれです。
自身に合った方法で売却や購入を進めることができれば、買い替えの成功につながりますし失敗したと感じずにすみます。

【関連リンク】

失敗しないマンションの買い替えの方法とは ページ上部へ戻る