部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. アパートを経営する条件、建設する立地条件

アパートを経営する条件、建設する立地条件

会社に勤めている、そろそろ引退して老後の資金が不安という方の間で、「大家さんになろう」という選択が増加傾向にあります。
しかし、アパートやマンションの購入となると、夢のまた夢となかなか1歩踏み出せないのが現状です。

■アパート経営
アパートを経営するということは、アパートを購入しその建物の大家さんになるということです。
何でもそうですが、物を購入する場合、資金が用意できなければ手に入れることができません。
ですから、一般の家を購入する時もそうですが、自己資金の準備が必要となってきます。
自己資金に目処が立ってきたら、次は場所を探します。
今ではインターネットで気軽に検索出来るので、物件情報を探してみましょう。
アパートは「収益物件」と言われています。
検索時には「収益物件」とキーワードを入力すると、たくさんの情報をみることができます。
実際、インターネットでは一部の情報しか掲載されていない場合が多いので、不動産会社へ問い合わせることで、自分の希望通りの物件に出会えることもあるでしょう。
また、アパート購入をする際、何通りか手段があります。
中古物件を購入したり、競売にかけられたアパートを購入したりという手段です。
中古物件は、すでに建物は建てられているので、割と早くにアパートの経営者になることができます。
そして、場合によっては入居者もいるわけですから、収入の確保ができます。
築年数の劣化により、家賃は割りと低めに設定しても外観で入居してもらえない場合などは、安く購入しリフォームやリノベーションを施すことで新築に近い物件に生まれ変わります。

■アパート購入エリア
アパート購入に当たり、地域性も重要とされます。
いくら安くアパートを購入したからといって、必ずしも満室になるとは限りません。
環境や築年数など、または間取りや年齢層なども重要な条件となります。
単身用の間取りであれば、家族が増えれば広さを求めます。
少子化が進み、人口が減少していく予測が目に見えているところに、安易に賃貸としてアパートを構える事は危険だと考えられます。
これらのことから、ターゲットは誰なのか、地域情報を明確にすることが懸命と言えます。
また、人気が高い物件といえば交通面や周囲の環境などの利便性が上げられます。
自ら情報を集めることで、明確な判断ができるのではないでしょうか。
また、アパート購入後の管理が心配という大家さんもいます。
その場合、不動産会社を間に挟むことで解決できます。
直接入居者とのやり取りがなくなるということです。
経営の仕方、資金の計画をじっくり検討すれば成功へ繋がるでしょう。

【関連リンク】

アパートを経営する条件、建設する立地条件 ページ上部へ戻る