部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 一人暮らしで1LDKの部屋を選ぶメリット

一人暮らしで1LDKの部屋を選ぶメリット

これから一人暮らしを始める方は、もうお部屋を探したのではないでしょうか。
一人暮らしといえばワンルームや1Kなどに住む方がとても多いと思いますが、中には1LDKのお部屋に住む方もいらっしゃるでしょう。
1LDKで一人暮らしをするときのメリットなどは、どういったものがあるのでしょうか。

■1LDKでの暮らし
まず、一人暮らしで1LDKのお部屋を選んだ方の多くは、広いお部屋を希望していたことと思います。
ワンルームでも生活には困らないけれども、でも広い部屋に住みたいという方がきっと多いでしょう。
たしかに、ワンルームや1Kですと、生活をする空間がその部屋のみになってしまいます。
お友達を呼ばれることが多い方ですと、プライベートを覗かれているような気分になってしまうことも少なくないでしょう。

プライベートを守り、友達とも楽しく遊ぶためにも、寝室は別に設けたほうがいいかもしれません。
なんといっても、寝室というのは安心できる空間なのではないでしょうか。

また、お部屋のレイアウトも自由にできるようになるでしょう。
ワンルームではベッドなどがあって置けなかった大きなソファやテーブルなども1LDKですと余裕をもっておくことが可能です。
そしておしゃれな空間を生み出すこともできます。
ワンルームですと、必要な家具を置く、ということが最優先になってしまいます。
ですが1LDKになると、空間を広く使うことが可能で、ライトを置いてみたり、小物を飾ったりすることもできます。

そして1LDKですと、その分キッチンも広くなることが多いです。
お料理をする方、家でパーティなどをする方ですと、キッチンが広いほうが便利になるでしょう。
ですが、1LDKですと、リビングと同じ空間にキッチンがあることになるので、臭いなどには注意が必要です。
換気や消臭スプレーを吹きかけるなど、いつでも訪問者を迎えられるくらい清潔にするといいかもしれません。

■2人暮らしの場合
2人暮らし、とくに同棲を始めるカップルの方ですと、1LDKを選ぶことも増えるでしょう。

しかし、いくら仲が良い2人だからといって、居間と寝室まで一緒にしてしまうと疲れてしまうこともあります。
もちろん、大変仲がよく、ずっと一緒にいることが苦にならないカップルもいるので一概にそうだとはいえません。
ですが、帰宅時間や就寝時間がずれてしまったりすることも考えられます。

そういったときに、居間と寝室を分けていると、余計なストレスを感じることなく生活できるのではないでしょうか。

また、部屋が2つあると、片方の部屋を趣味の部屋や仕事部屋にすることも可能ですし、用途が広がります。
1LDKだけでなく2LDKもオススメできる間取りであるといえます。

家賃などを払っていく余裕があるかた、インテリアを楽しみたい方、プライベートを守りたい方などに1LDKは合っていると言えます。
自分が住みたい部屋、並べたい家具などを想像してみましょう。
1LDKのお部屋にすることで、楽しい生活が始まるかもしれません。

【関連リンク】

一人暮らしで1LDKの部屋を選ぶメリット ページ上部へ戻る