部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 居住空間へのこだわり。デザイナーズマンションに住む

居住空間へのこだわり。デザイナーズマンションに住む

デザイナーズマンションとはどのようなマンションのことをいうのでしょうか。
一般の賃貸住宅は生活目的の空間となっているのに対して、デザイナーズマンションは「コンセプトと持つ住宅」のことを指します。
デザイナーズマンションは建築家のこだわりの空間になっているのです。

デザイナーズマンションの特徴
デザイナーズマンションは他の物件とは違い個性的なデザインになっています。
一般的にデザイナーズと聞くと、コンクリート打ち放しの壁や、お風呂がガラス張りなどの特徴があげられます。
一般のマンションと比べると住みやすさというよりは、デザインや他とは違うこだわりが強い個性的なマンションになります。
変わった形の間取りや螺旋階段、それから変わった外観のマンションが見られます。
一般の賃貸マンションでは建築コストの削減の為同じ企画になりがちです。
しかしデザイナーズマンションは、その名の通りデザイン性重視なので不必要な設備もありますが、人とは違うこだわりを住まいで表現したい、住まいに芸術性を求める人の間で人気が高いと言えます。
入居待ちの人がでるほど人気の高いデザイナーズマンションもあります。

デザイナーズ物件の良いところ
デザイナーズ物件は同じ間取りでも、建築家のこだわり次第で別の空間に演出されています。
部屋の仕切りをなくして開放感を出した内観や、外観もシンプルにこだわったりと様々です。
物件を実際に見てまわるだけでも楽しむことができます。
人とは違うワンランク上の住まいに住めるというのも魅力です。
内観も外観もおしゃれな物件に住めば、他の人と違う住まいを実感できるでしょう。特徴的なマンションで街のシンボル的な建物になっているところもあるようです。
現在ではデザインだけでなく住みやすさも考えられたマンションも増えています。そのような物件に住むことができれば、洗練された空間を楽しむことができるでしょう。

デザイナーズ物件の注意点
一般のマンションは使い勝手がよく住みやすさを重視しています。デザイナーズ物件が使い勝手が悪いとは限りませんが、やはり個性的な間取りが多い物件です。
デザイン性重視で入居したものの、ライフスタイルの変化によって対応するには、特徴的過ぎてあまり向かないようです。
よくあるコンクリート打ち放しの壁は塗装がされていないので、直射日光の影響を受けやすくなっています。ですからメンテナンスの回数も増えてしまいます。
デザイン性を重視した物件は修繕費も高額になることが多いようです。

もしも長期間住みたいのであれば、デザイン性と快適性のバランスが良いデザイナーズマンションを探す事が大切です。

【関連リンク】

居住空間へのこだわり。デザイナーズマンションに住む ページ上部へ戻る