部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. リノベーションされたアパートのメリットと現状

リノベーションされたアパートのメリットと現状

最近、リノベーションという言葉をよく耳にします。
以前に比べ、リノベーション物件のアパートや、リノベーション住宅に住んでいる人も増えてきています。
そもそもリノベーションとは、もともと存在する建物を大幅に修築することです。
修築することで、新しい設備を取り入れ物件の存在価値をレベルアップさせるのです。

■リノベーション物件のメリット
物件探しをしている人の理想では、綺麗な内装で、機能的にも充実していて、立地条件のいい物件に住みたい。と考える人が多いです。
しかし現実的には、このような条件が揃っていると賃料も高くなってしまいます。なかなか、自分の希望に添えず、妥協して、物件を決定している方も多いです。
リノベーション物件は、築年数は古いですが賃料も安く、内装や設備の機能的にも充実しているところが多いです。
立地がいいアパートでも、新築とリノベーションされたアパートで比べると、賃料に大きな差があります。つまり、賃料面での物件の選択肢が増えます。
リノベーション物件は自分の予算に合う賃料で、理想の部屋に住めるので魅力的です。

■貸主からみたリノベーション
建物も年季が入っていて、見た目からも古さが感じられる物件は借り手が見つかりづらいです。
最近はあちらこちらに新築アパートや、マンションができている時代です。
競争率は高くなっているのに、そのままにしておくとなかなか入居者が見つからず、空き部屋が増えてしまいます。
空室対策として、アパートをリノベーションする貸主が増えています。
リノベーションは大幅に部屋のデザインを変えることができるので、部屋を生まれ変わらせる事が可能です。
人気物件にするには、時代のニーズに合わせたリノベーションをしなければなりません。
貸主の好みではなく、一般受けの良い、リノベーションを行うことが大事です。傾向としては古さを感じさせるものより、現代的なデザインが人気があります。
また、収納を増やしたり、キッチン機能を充実させると、物件の価値も上がります。
また、もともとの作りをある程度活かす事ができれば、時間も費用も抑えることができます。

■セルフリノベーション物件
また、セルフリノベーション物件という賃貸物件もあります。これは、自分でリノベーションができる賃貸物件です。
床や、壁の素材や、部屋のデザインまで自分好みにすることができるので近年人気が高まってきています。
例えば、3DKの部屋を2LDKにリノベーションすることも可能です。理想の部屋作りにこだわりを持っている人には、ぴったりです。
しかし、セルフリノベーションをするには時間と費用がかかります。
貸主によって違いがありますが、貸主が工事中の賃料を負担してくれたり、改装費用を援助してくれたりと、セルフリノベーション特有のサービスが受けられます。

【関連リンク】

リノベーションされたアパートのメリットと現状 ページ上部へ戻る