1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. さまざまなインテリア実例を参考にした、一人暮らしの部屋づくり
このエントリーをはてなブックマークに追加

さまざまなインテリア実例を参考にした、一人暮らしの部屋づくり

ネットで検索すると、一人暮らしのお部屋のさまざまなインテリア実例の画像をみることができます。
自分のお部屋づくりを考えるときこういった実例を参考にできるのは便利です。
しかし一人暮らしのお部屋は、間取りもさまざまで真似したくてもお部屋が狭かったり、間取りが違っていたりして実例どおりにつくるのは難しいものです。
もしくは、あれもこれもと、さまざまな実例を参考にしていたら、お部屋に統一感がなくなってしまったなんてこともあります。
インテリアを参考にするときは何を重要視したらいいのかを確認しましょう。

お部屋のつくりを確認しよう

お部屋のつくりは重要です。
お部屋によっては、フローリングだったり畳だったりしますから、似合うインテリアも異なります。
もし実例を見て参考にしたいお部屋があれば、まずは壁の色や床など面積の大きなものから似ているか確認しましょう。
「畳だけど好みのインテリア実例がない、フローリングなら真似したいお部屋がたくさんあるのに」なんてときは思い切って畳をフローリングにしてしまいましょう。
大掛かりな改装工事などは必要ありません、床をフローリング風にしてしまえばいいのです。
最近ではホームセンターやネットでも気軽に購入できる「フローリングマット」というものがあり、敷くだけでお部屋をフローリング風にすることができます。
イメージをガラッと変えることもできるので畳のインテリアに悩んでいる場合は、検討してみてはいかがでしょうか。
また、部屋の形も重要です。
例えば真四角のお部屋もあれば、横長のお部屋もあり、形によって場合家具の見せ方も変わってきます。
「インテリアを真似してみたけど、なんだか違う」というときは、お部屋の形も関係している可能性があります。

真似したいインテリアのスタイルを見つけよう

インテリア実例はおしゃれなものがたくさんあって、どうしたらいいのか頭が混乱してしまうんじゃないでしょうか。
まずは、一番好みのインテリアや、真似したいスタイルを決めましょう。
そうするとどういった家具を購入するべきか、どういった色をえらべばいいのかが見えてきます。
「落ち着いたナチュラルなスタイルにしたい」というイメージがあるなら、ホワイトやベージュなどの色を主体とします。
家具や雑貨も、木のぬくもりを感じるものを選びましょう。

統一感が大事

さまざまな実例をみて言えることは、インテリアは統一性が大事ということです。
色や素材を統一するだけでも、お部屋の印象派はガラッと変えることができます。

さまざまなインテリア実例を参考にした、一人暮らしの部屋づくり ページ上部へ戻る