部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. アパート・マンションの構造や名称

アパート・マンションの構造や名称

賃貸とは、使用料金を支払い、物を相手から借りるということです。
賃貸で思い浮かぶのは、アパートやマンション、またはファミリー向けの一戸建て住宅などが多いのではないでしょうか。

■アパート
アパートとは、一般的には2階建が多く、木造や軽量鉄骨造の建物の事を言います。
他にもコーポやハイツなどといった名称もありますが、実は呼び方に規定はないのです。
大家さんの都合で、名称などが設定されます。
確実な区別はないので、同じと考えて良いと言えます。
構造が木造、あるいは軽量鉄骨造とされているため、規模が小さく賃料が低くいという印象があるようです。
築年数にもよりますが、賃料と管理費用、また共益費を含めても割と手ごろな価格で探すことができます。
また、築年数が経過している場合は、賃料が安く広さを得ることもできます。
ただ、あまり古いと遮音性が低いこともあり、生活音が気になる場合もあります。

■マンション
マンションは鉄骨や鉄筋コンクリート造の構造が多く、10階建てや最近では20階建て以上の高層タワーマンションもあります。
近年では、事件や犯罪が身近なものになっているため、安全に暮らせるようにセキュリティ面が強化されています。
例えば、防犯カメラオートロックなどです。
また、遮音性も高いものが多く、生活音に苦悩することも少ないと言われています。
賃料は高いというイメージもありますが、築年数によってはアパートの方が高い場合もあります。

■賃貸の魅力
賃貸物件を探すには、インターネットや情報誌など気軽に検索することができます。
まず、何を第一優先とするかをハッキリさせることでおのずと条件は明確になってきます。
また、ライフスタイルの変化により、今住んでいる場所を移り住むことも考えられます。
持ち家では、簡単に他へと移り住むことは中々できることではないでしょう。
賃貸なら、大家さんへ使用料金を支払って借りているということですから、返せばいいのです。
そして、今に似合った環境へと移り変わることができます。
進学や転勤とライフスタイルの変化がある時期は、不動産会社も情報が盛りだくさんに掲載されています。
優先順位を決め、予算を元に不動産会社へ相談することをお勧めします。

でも予算に拘り過ぎてしまい、妥協点を多くして物件を選択してしまい、後で後悔するという話もよく耳にします。
しかし、自分の条件はある程度通し、似た物件を探してもらいましょう。
こちらで調べる以上の賃貸情報を、不動産会社は持っています。
最後は実際にお部屋を見て、自分がその部屋で住むイメージが付くのかというのがお部屋を決める時の一つのポイントです。

【関連リンク】

アパート・マンションの構造や名称 ページ上部へ戻る