部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. たくさんの使い道があるバルコニーで生活を豊かに

たくさんの使い道があるバルコニーで生活を豊かに

バルコニーとは、みなさんご存知の通り、建物の外側に張り出した床に手すりが着いた部分のことです。
ここに屋根の付かないものがバルコニーであり、屋根のあるものをベランダであると名前を呼び分けている場合もあります。

バルコニーは洗濯を干すためだけの場所?
賃貸物件探しの際に、バルコニーがあるかないかをチェックする方も多くいらっしゃいます。
その目的のほとんどは、洗濯物を気持ちよく外に干すことだ思います。
洗濯物の室内干しはなかなか乾かず、場合によっては生乾きになってしまって臭いの原因となってしまうため、出来るだけ避けたいものです。
またバルコニーがあれば、寝具を日光に当てて天日干しすることもできます。
しかしながら最近では、従来より広めに設計されたバルコニーも多く見られ、洗濯物を干すだけではもったいないと感じる方もいるようです。
そこで、バルコニーの素敵な活用法をいくつか紹介します。

バルコニーを有活用して生活を豊かにする

・ガーデニングや家庭菜園を楽しむ
せっかく広めのバルコニーがあるのでしたら、一般には庭があるお部屋の特権とされるガーデニングや家庭菜園を楽しむことが出来ます。
小さなプランターや寄せ植えで手軽に始められ、コストもあまりかかりません。
バルコニーでのガーデニングは、上階のバルコニーが屋根のようになり梅雨などの強い雨から花をまもってくれますし、害虫も比較的よりつきにくいといったメリットがあります。
しかし、鉢の落下や水遣りで下階で干している布団を汚してしまう事、落ち葉や泥で排水溝を詰まらせる事がないよう、十分注意が必要です。

・バルコニーでカフェのようなくつろぎを
気軽に外の空気を感じることのできるバルコニーを自分専用のカフェにしてしまうのはどうでしょうか。
本物のカフェでも外が気持ちいい季節にはテラス席が人気があるものです。
普段オフィスワークばかりの人は日光浴をしても良いですし、夜になったらキャンドルを灯してお酒を飲むのも素敵です。
素敵な景色を持っているバルコニーでしたら、花火大会の鑑賞やお花見、夜景を楽しむ場としても最適です。
バルコニーに出すテーブルや椅子は、雨に濡れても気にならず、お手入れの簡単なプラスチック製のものがおすすめです。

■集合住宅のバルコニーの注意点
マンションやアパートなどの集合住宅では、バルコニーは避難経路になっている場合があります。
隣の家のバルコニースペースとの堺には、隔て板が設置されており、火災等があった際にはこれを突き破って非難することになります。
そのため、隔て板の近くに重いものを置いたり、避難の邪魔となるものを置かないよう注意が必要です。
こういったタイプの集合住宅では、バルコニーは普段は個人的に使用できるスペースではあるものの、緊急時には共用部となるということを覚えておきましょう。

【関連リンク】

たくさんの使い道があるバルコニーで生活を豊かに ページ上部へ戻る