部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 一人暮らしに適した家電選びの準備とポイント

一人暮らしに適した家電選びの準備とポイント

初めて一人暮らしをする人は、生活に必要な家電を揃えなければいけません。
家電は一度買うと、壊れたりしない限り、なかなか買い換えないものです。
そのため、最初の家電選びが重要になってきます。

■家電選びの事前準備
一般的に一人暮らしは、1R~1DKの部屋に住んでる人が多いです。スペースが限られているため一人暮らしの家電選びは、サイズ感を考えることが重要です。
まず、家電を置く場所の寸法を測りましょう。
特に冷蔵庫や、電子レンジは放熱するため壁から何cm空ける事など、決まりがある為注意が必要です。
部屋の作りについても把握しておきましょう。
例えば、室内に洗濯機置き場はあるのか、外に置くことになるのかなどです。
高い買い物になるので、後から後悔しないように準備をしっかりとしましょう。

■家電選びのポイント

・冷蔵庫
冷蔵庫は、自炊をするかしないかによって、変わってきます。
自炊をする人は200~300リットル程のサイズを目安にすると良いです。反対に自炊をしない人は100リットル程のサイズを目安にしましょう。
冷凍室の広い冷蔵庫の方が、より冷凍して保存できるので一人暮らしには便利です。
また、1Rの部屋の場合、仕切りのない空間にベッドと冷蔵庫を置く事になります。冷蔵庫の音は静かなほうが良いです。
さらに冷蔵庫は電源を常に入れておくものなので、消費電力を考えて選ぶ事で電気代を抑えることができます。

・洗濯機
大通り沿いの部屋だど外に洗濯物を干しづらいものです。また、女性の一人暮らしだと洗濯物を外に干すことに抵抗がある方も多いです。
部屋干しにするとスペースも限られてくるので、乾燥機付きの洗濯機だと便利です。

・炊飯器
3合まで炊けるものを目安に選びましょう。まとめて炊いて冷凍しておけば、電気代の節約にもなります。

・電子レンジ
最近は電子レンジでスチーム調理などできる機能が充実しているものもあります。特に必要性を感じないようであれば、スタンダードな物の方が価格を抑えることができます。
価格的にはおよそ5,000円~100,000円くらいまでと幅広いので、機能や予算に合わせて考えましょう。

・照明器具
LEDタイプの照明は、通常のものと比べると金額は高くなります。しかし、電気の寿命が長く、電気代も安いので、長い目で見るとお得です。

まとめて家電を揃えると高額な買い物になります。
一人暮らし向けの家電をセットにして売り出している家電量販店も多いので、それを上手に活用しても良いです。
まず、必要最低限の家電を購入して、自分の生活スタイルに合わせて必要なものを買い足していくという方法もあります。

【関連リンク】

一人暮らしに適した家電選びの準備とポイント ページ上部へ戻る