部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 人生の節目にアパートに住むことを考える人も多い

人生の節目にアパートに住むことを考える人も多い

コンビニなどで手にすることができる不動産情報誌やインターネットの物件情報には、実に無数のアパート情報が盛り込まれています。
以前と違い今は建築技術も進歩して、アパートでもマンションかと見紛うほど充実した設備を売りとしているものが少なくありません。
またマンションよりは割安な家賃設定となっていることも以前として人気の理由のひとつと言えます。
人々のニーズに応えられる要素があるからこそ多種多様なアパートが存在しているのでしょう。

■アパートの利点(メンタル編)
まず、賃貸ですのでローンの返済に追われる心配がありません。
結婚したときなど、生活スタイルやペースが確立しないうちはいきなり高額なマンションに住むより安心感があります。
また、災害や地震などによる不動産資産のリスクを考えなくても良いこともあげられます。

■アパートの利点(コスト編)
土地や建物の固定資産税や、マンションには必要な修繕積立費も掛かりませんし、万が一地価が値下がりになっても心配無用です。
なんらかの理由で収入がダウンすることになったとしてもより安い物件に移り住むことで対処ができます。

■アパートの利点(生活スタイル編)
転勤がある方にとってアパートは比較的利用しやすい物件と言えます。
また、住んでみて心地よくなかったりあとから周辺の環境が悪くなっても引っ越せばある程度解決されます。
住み替えるタイミングで、より設備が整っている新築物件やリフォームが施された物件を選ぶこともできます。

一般的にマンションと言われる物件では建物の構造上機密性が高いのですが、これは裏を返せば通気性が低いということなので湿気が溜まる原因となってしまうことがあります。
それと比較すると、アパートの方が機密性は劣りますがそれだけ通気性があるということになります。
また、実際に同じ家賃だとマンションよりアパートの間取りが広い物件が多くなっています。
エアコンを効率よく使用するためにも、木造で広めのアパートに住むときは事前に性能とパワーを確認することをおすすめします。
また、アパートにはロフト付きの物件も多く見られ、クローゼットや物置きなど収納スペースとして代用できるので便利です。
アパートを選択する方は「多少の騒音は許容範囲で家賃の安さと広さを優先する」と考える傾向があるようです。
なるべく貯金に励みたいなどの目標がある方にも向いているかもしれません。
自分は何をいちばん優先したいのかを考えて、より良いアパートを選んでください。

【関連リンク】

人生の節目にアパートに住むことを考える人も多い ページ上部へ戻る