部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 動物と人のお互いが安心して暮らせるペット可物件

動物と人のお互いが安心して暮らせるペット可物件

一人暮らしでも、同棲でも、家族暮らしでもペットと暮らしているという人は数え切れないほどいます。
そしてその中には、ペットを動物として「飼う」のではなく家族として一緒に「暮らす」と考えている人も多くいます。
動物と暮らすということは人間の生活の中に人間とは違う生き物が混ざるので、もちろん家族や共存といっても全てが同じとはいきません。
実家では自分の家なのでペット可、ペット不可というような決まりはありませんが、賃貸では別です。
自分のものではない誰かのアパート、マンションを借りているわけですからその人決めている決まりを守らなければいけません。

ペット可物件
日本で1番多くペットとして飼われている動物は犬ということをご存知ですか?犬と人は今から一万年以上も前から共存してきたと言われています。
ペット可物件を探している人はその飼われている割合の多い犬と猫が一番多いとされています。
しかしペット可物件だからといって絶対に犬と猫がOKといわけではありません。犬はOKでも猫はだめという物件も多いです。
その理由は猫が爪で壁を引っかくことやニオイなどが原因にあります。犬がOKでもサイズが決められていたりとさまざまあります。
なので、ペット可だからといって全ての動物がOKではないのです。自分の動物のことについて大家さんや不動産の人と話し合うことが大切です。

ペット可物件で暮らす
ペット可物件の中にはペットにとって暮らしやすい設備が設けられている物件も多くあります。
犬と暮らしやすいようにドッグランが付いているマンションもあります。この設備がついていると、仕事が忙しくて散歩に行けないという人もマンションの敷地内で犬を散歩させることができます。
これは夜の散歩が危険な女性にとっても嬉しい設備です。また、リードを離して犬が自由に走り回ることができるので運動不足にならずにお互いのストレスもなくなります。
そしてフローリングで転びやすい犬のために床材をペット用のものにしている設備もあります。犬が転んだりした際に足を負傷したり痛めたりすることも軽減されます。
この床材ではペットが滑りにくく衝撃吸収されます。また、ニオイや汚れを染みつけないものもあります。
他にも、猫と暮らしやすい賃貸では、高いところに登る習性のある猫のためにキャットタワーがもともとの設備として設けられているものがあります。
壁に猫が登るような設備が付けられているものもあり、市販で買ったキャットタワーのように部屋のスペースを取らずに、猫が生活できます。
このような動物のことが考えられて作られている設備は、人にとっても嬉しくて便利なものです。
こういった特別な設備が設けられているペット可物件で暮らせたら、前よりも人と犬のお互いが気持ちよく充実して生活できることでしょう。

【関連リンク】

動物と人のお互いが安心して暮らせるペット可物件 ページ上部へ戻る