1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 一人暮らしの人は特に気をつけたい防犯対策
このエントリーをはてなブックマークに追加

一人暮らしの人は特に気をつけたい防犯対策

一人暮らしをするときに、防犯については特に気をつけなければなりません。
知らない土地に一人で暮らすこともあるでしょうし、不安もたくさんあると思います。
防犯と一口に言っても、たくさんの対策があります。

外でできる防犯対策

一人暮らしをすると、一人で行動することも増えてくるので、外での防犯意識を持つことも大切です。

防犯ブザーを持ち歩きましょう。
防犯ブザーなんて、と思う方もきっと多いのではないでしょうか。
確かに一見頼りなく見えますが、不審者に遭遇した際、驚かせる効果があります。
念のため持ち歩いて、いつでも鳴らせるようにしておくといいでしょう。

オートロックの物件だからといって、油断してはいけません。
住人がオートロックをあけたときに、不審者が一緒に入ってくることも考えられます。
見知らぬ人がエントランスに立っていたり、挙動不審だったら要注意です。

また、エレベーターでも安心はできません。
一度ドアが閉まってしまえば、エレベーターは完全な密室になります。
深夜に一人で乗り込むときには、更に注意が必要です。

郵便物には住所や部屋番号、名前など、個人情報が載っています。
長期で家を空けるときには、郵便局などに連絡して、郵便物を止めてもらいましょう。
ポストの中身を見られることがない、とはいえないので対策をしておくことが大切です。

室内でできる防犯対策

家族で住んでいるときとは違い、一人暮らしなので、家の中には一人でいることが多いでしょう。
家の中だからといって、むやみに安心してはいけません。

部屋にいるときも、しっかりと戸締りを徹底しましょう。
オートロックの物件だから、と安心してはいけません。

何かしらの手段でマンション内に入ってくることも考えられるので、部屋の施錠は必須です。
部屋の中に入ってくることがないようにしましょう。
また、ドアチェーンを忘れずにすることも大切です。

インターホンが鳴ったからといって、すぐにドアを開けてはいけません。
最近では防犯対策として、テレビモニター付インターホンなどがあります。
そういったもので対応してから、ドアを開けるようにしましょう。
また、見知らぬ人が見えた場合には、居留守を使ってしまうのも一つの手です。

洗濯物の干し方にも注意しましょう。
一人暮らしをして初めて洗濯物を干す方もいらっしゃるでしょう。
洗濯物から、この部屋にどんな人が住んでいるかがわかってしまう可能性もあります。
バルコニーに目隠しをしたり、外から見えない低い位置などに干す対策が必要になるでしょう。

治安にも注意

インターネットで調べると、ここは治安がいい、悪いといった情報がすぐ手に入ります。
もちろん、そういった情報を参考にする分にはいいのですが、鵜呑みにしてはいけません。
治安というのは、その人の性別や年齢によっても感じ方が変わってくるものなので、自分の目で確かめることが大切です。

また、実際に住もうと思っている地域を、夜に歩いてみてもいいかもしれません。
外灯の数や、いざというとき逃げ込めるコンビニなどがあるか確かめましょう。
もちろんそのときは、一人で歩くのではなく、誰かと一緒に歩いてみなければいけません。

一人暮らしで安心して暮らしていくためには、自分で防犯対策を行うことが大切です。
設備などに頼り切るのではなく、自分から行動してみましょう。

一人暮らしの人は特に気をつけたい防犯対策 ページ上部へ戻る