部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 一人暮らしは、食材の冷凍保存や保存食をつくると便利

一人暮らしは、食材の冷凍保存や保存食をつくると便利

一人暮らしは学校や仕事が忙しくし、家事に時間を回せないことも多いです。
時間や食材を有効的に使う為に、食材の保存方法にも気を使ってみてはいかがでしょうか。

■ごはんの保存
一人暮らしであれば、一人分のご飯を毎回炊くのは面倒だと感じる人は多いのではないでしょうか。
お米を洗って、時間を置いて、それからお米を炊くのは忙しい一人暮らしでは少しの時間や労力も短縮したいですね。
そんなときにごはんを保存食として冷凍保存しておくと大変便利です。
冷凍保存のごはんは、あまり美味しくないと感じる人が多いようですがそんな人は冷めたご飯を冷凍しがちです。
冷めたご飯は味が落ちてしまいます。できれば熱々のままラップで平らにくるんで冷凍しておくと、レンジで温めたとき美味しいごはんが食べられます。

■冷凍保存できる食材
自炊の為に食材を買うのはいいですが、使いきれずに腐らせてしまうというのはよくあるパターンではないでしょうか。もし冷凍が可能な食材であれば、冷凍保存しておくと無駄が防げます。
また、次に調理がしやすくなるよう、あえて食材を冷凍保存しておくことも時間の短縮に繋がります。
冷凍可能な食材は以下の物があります。

【パン】ラップで包み乾燥を防いで冷凍します、解凍する必要はなくそのままトースターで焼けば食べられます。

【麺類】うどんなど袋にはいった面はそのまま、パスタなど乾燥しているものはいったん茹でてから冷凍できます。

【肉】小分けに密閉して保存しましょう。セールのときに買いだめして、冷凍保存しするのもいいです。

【トマト】そのまま保存するよりも、トマトソースにするなど人手間加えると、次の料理の幅が広げることもでき、便利です。

【玉ねぎ】長期の常温保存も可能ですが、冷凍保存もできます。料理に使いやすいように刻んでおきましょう。

【にんにく・しょうが】薬味は一度に使い切ることが難しいので、冷凍保存してしまうのもいいです。

他にもさまざまな冷凍保存可能な食材がありますが、逆に冷凍には向かない食材もあります。ネットで冷凍保存ができる食材を掲載している専門サイトもあり、手軽に調べることができます。
自宅にある食材が冷凍可能か調べたいときは利用してみてはいかがでしょうか。

■自宅で作れる保存食

【漬物】
一人暮らしは野菜が不足しがちです。
手軽に野菜を食べたいときは、空いた時間に漬物やピクルスなどの保存食を作ってはいかがでしょうか。
漬物に向いている食材はきゅうりや大根、そしてキャベツがあります。
つくり方はさまざまですが、一番簡単につくることができる漬物は塩もみです。
食材とビニール袋、そして塩があればすぐできます。袋にすべて入れた後よく揉んで、時間をおけば完成です。

さらに砂糖と酢を加えれば、より美味しく仕上がります。
ピクルスに向いている食材はたくさんありますが、きゅうりやパプリカを使うと彩りも美しくなります。
お酢をたくさん使うので、夏バテ解消や疲労回復効果も期待できます。

【ジャム】
実家から送られてきたりたくさん買いすぎて余ってしまった果物は、ジャムにして保存食にすることができます。
ジャムに不向きな果物もあるので、前もって調べておくと安心です。
材料を鍋で煮込み、砂糖を加えつくることができます。
煮込む時間などは手間が少々かかるかもしれませんが、スーパーで購入するジャムと違って無添加なジャムを作ることができます。

食材は、一手間加えることで調理しやすくなったり長持ちすることができます。
一人暮らしの食生活には、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

【関連リンク】

一人暮らしは、食材の冷凍保存や保存食をつくると便利 ページ上部へ戻る