部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 人気の高いデザイナーズ賃貸物件の選び方と注意点

人気の高いデザイナーズ賃貸物件の選び方と注意点

おしゃれなで洗練されたイメージのデザイナーズマンションですが、憧れてはいても住んだことがないという人もいるのではないでしょうか。
近年では都心の賃貸マンションだけでなく、地方の物件や分譲マンションでもデザイナーズといわれる物件が増えてきました。
間取りも単身者向けのものからファミリー向けのものまでさまざまですが、全体の物件数で見るとあまり多くありません。

デザイナーズ物件とは
建物の意匠設計にデザイナーを起用し、さまざまなコンセプトに基づいて工夫をこらして個性豊かに作り上げた物件のことを言います。
そのため、外観や内装、設備など物件ごとにまったく違う雰囲気を持っています。
少子化問題などによって特徴のない一般的な物件では借手が付かなくなることもあり、おしゃれな内装などの付加価値をつけることによって、空室率を下げる対策にもなります。
しかしながら、デザイナーズと謳うための明確な定義はありませんので、少し外観に特徴があるだけでもデザイナーズと表記されている物件も存在することに注意が必要です。
ですから、デザイナーズという文字に飛びつかず、実際に賃貸物件を自分のめで確かめる必要があります。

デザイナーズ賃貸物件の選び方
デザイナーズ賃貸物件は普通の物件に飽きてしまった人や、インテリアにこだわりたい人にとってはうれしい選択肢です。
しかし、物件ごとにコンセプトもそこから来るイメージもまったく異なりますので、おしゃれであることには違いないけれど自分の好みではないということも起こりえるのです。
また、一般の賃貸物件探しとは注意する点も少し異なります。
例えば部屋の形状が奇抜なものであった場合、手持ちの家具が配置できないなどといった問題が出てきます。
せっかくおしゃれな空間でも、家具の配置によって使い勝手が悪くなってしまっては気持ちよく生活することが出来ません。
その他にも、デザイナーズ賃貸物件の家賃はその地域の家賃相場に比べて、若干高く設定されていることがあります。
なぜなら、設計者がこだわりを持ち建築されるので一般的な賃貸などと違い特殊な建材など使う事もあるので建築コストが掛かってしまうからです。
一般的な賃貸物件では、材料は出来るだけ安いものを採用することが多いので、特に内装などはどの物件も似たものが多くなってきます。
また、特殊な特殊な材料が使われている場合もありますので、万が一破損してしまった場合には通常より多く費用をひかれることがあります。
一方、内装が打ちっぱなしコンクリートである場合など、素材によっては退去後に壁や天井のクロスを張り替える必要がないため、コストがかからないという場合もあります。

登場以来、常に一定の人気があるデザイナーズ物件ですが。最近では一般の物件であってもデザイナーズではないかと思うような素敵な物件も多くなっています。
広い視野を持って、自分のライフスタイルに合ったこだわりの物件を見つけたいものです。

【関連リンク】

人気の高いデザイナーズ賃貸物件の選び方と注意点 ページ上部へ戻る